浮気する男の見分け方

渋谷のワインバー「bar bossa」の店主・林伸次さんがお届けするコラム連載です。今回は男性にとって耳の痛いお話、「浮気」についてです。バーのカウンターで20年以上男女の心の機微に触れてきた林さんは、実際に浮気をする人しない人にある法則性を見つけたそうです。さあ、どんな人が浮気をするのでしょうか。心当たりがある方は、決してパートナーに読まれないようご注意くださいね。

恋愛感情3年終了説

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

今日は「浮気をする男性と浮気ができない男性」の見分け方の話です。

よくいわれていることですが、男女の熱い恋愛感情は3年で終わってしまうそうです。まだ人間が猿からホモサピエンスになったばかりの頃、女性の妊娠、出産、育児の期間に、男性を女性に引きつけておいて食べ物や生活の安定を約束させるために、「3年間の恋愛感情」というのを設定させたというのが定説のようです。

そして3年が経つと、これはもうみなさんご存知のように、男性は自分の遺伝子を残すために新しい女性を求めて飛び出していきます。

しかし、現代は「結婚」という制度が全世界的な常識となり、熱い恋愛感情は終わってしまっても、私たちは家庭に束縛されるわけです。

でもですね、やっぱりいつの時代になっても男性は他の新しい女性を求めて、飛び出してしまうものなんですよね。

僕が観察する限り、「浮気心のない男性」というのは存在しません。どれだけ奥様を愛していて、家族や子供を愛している男性でも、絶対に浮気心というのを持っています。

ちなみに、今回の本題とはあまり関係ないので踏み込みませんが、女性にも浮気心は存在すると思います。しかし、男性のそれとは少し性質が違うようなのでこの話題はまた別の機会に。

話を男性の浮気心に戻しましょう。

僕は、バーという現場で20年近く働いてきて、たくさんの男性の浮気心を眺めてきたわけですが、なぜか「浮気心はムチャクチャあるのに、セックスなどの次の段階には絶対に踏み込まない」という種類の男性が存在することに気がつきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

00552e_ https://t.co/J8vQ5hCTYz 約1年前 replyretweetfavorite

ISHIHIROKUN https://t.co/AGcbaTkcGF 約1年前 replyretweetfavorite

oraorauriri 「ですので奥様、ご主人がCDや本をたくさん買ってきて置き場に困っているくらいならご家庭は平和です。」 https://t.co/sAH9JD18fQ 1年以上前 replyretweetfavorite