食べものの裏側」を知ると人生が変わる

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会における生き方までを語り尽くした、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)を、cakes読者に特別公開します!

四 「食べものの裏側」を知ると人生が変わる


◆生産者の存在を知る

農漁村の生産者たちは、人間の力ではコントロールできない自然に働きかけながら命の糧を得る生産活動を続けている。比較的安定した気候の西欧と異なり、台風や地震など荒ぶる自然と向き合ってきた日本の生産者は、技を磨き、知恵を絞り、自然を畏れ敬い、それらを伝承してきた。だから日本の一次産業のレベル、品質は世界有数である。読めない天候を相手に、自然と対話し、風や潮の流れを読み解きながら、受け継いだ技や知恵を駆使して仕事をしている姿を見ていると、ものすごくクリエイティブな仕事だと感じる。

宮崎駿氏がジブリ作品で描いた八百万の神の世界は、世界から高い評価を受けた。人間が自然を支配しようとしてきた西欧の一神教的世界観に対し、人間が自然と折り合いをつけ、共存しようとしてきた多神教的世界観に、欧米人からも共感が広まったのだ。

私は一二年前にふるさとの岩手に帰郷してから、多くの生産者たちと出会い、その多神教的世界観を現代の消費社会で一番体現しているのは、この人たちだと思った。ところがその生産者たちが日本では疲弊している。後継者不足、高齢化、離職化の嵐にさらされている。

この落差はどこから生まれているのだろうか。それは、現代社会で最も価値ある部分を一次産業が有しているのに、その部分がまったく世の中に伝わっていないからではないだろうか。その価値が正確に伝われば、私の中で起こったような変化が同じように起きるのではないだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これまで語られていた「地方創生」の概念を覆す、新しい都市論、地方論!

この連載について

初回を読む
都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡

高橋博之

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会におけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません