建築家・伊東豊雄氏のメッセージ

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会における生き方までを語り尽くした、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)を、cakes読者に特別公開します!

建築家・伊東豊雄氏のメッセージ

第三章で詳しく取り上げるが、知事選に落選した後に、政治の世界から引退し、始めた事業「東北食べる通信」はまさに、この価値を「食」に置き換え、都市の消費者と地方の生産者をつなごうとするものだった。その創刊号に、建築家・伊東豊雄氏は「共に生きる」と題してこう書いてくれた(文中の「みんなの家」とは伊東氏ら著名建築家が提案する新しい集会所建設プロジェクトである)。

3・11の後、被災各地に数万戸も建てられた仮設住宅地を訪れて怒りがこみ上げてきた。これは戦後の日本が追い求めてきた「近代」の最も貧しい風景だからだ。(中略)これは「ひとり(孤独)」を象徴する世界である。人と人をつなぐのではなく、人と人を分断する思想でつくられているからである。(中略)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これまで語られていた「地方創生」の概念を覆す、新しい都市論、地方論!

この連載について

初回を読む
都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡

高橋博之

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会におけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません