台風と金融緩和で露呈した、大手損保の不安な台所事情

2018年夏に立て続けに発生した五つの災害は、損害保険会社の財務に大きな爪痕を残し、自然災害における再保険政策にも大きな影響を与え始めている。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

写真提供:朝日新聞社

 過去最大の1.6兆円──。18年夏に相次いで発生した台風などの自然災害によって、損害保険会社が支払った保険金の総額だ。

 これは、中国・四国地方を中心とした7月豪雨や、台風21号、24号などによる「風水害」に限った金額。大阪府北部を震源とする地震や、最大震度7を記録した同9月の北海道胆振東部地震を含めると、さらに規模は膨らむ。

 五つの災害のどれもが、歴代の支払保険金の総額において10本の指に入るほど規模の大きい被害をもたらすという、まさに「異常事態」が18年夏に起こったわけで、当然ながら損保各社の財務基盤にも大きな爪痕を残した(下表参照)。


拡大する

 2018年度の損保各社の決算は、厳しい内容が予想されたものの、いざふたを開けてみると新聞報道では、「2グループが増益」「増益に転換」といった文字がずらりと並んだ。

 あれだけの大きな災害がありながら、あたかも平常運転だったかのように映ってしまうが、一体なぜそうなったのか。

 それは、新聞報道が業績の最終利益として、「純利益」だけを伝えているからだ。

北海道胆振東部地震では、道内全域で約295万戸に及ぶ大規模な停電が発生した。Photo:JIJI

 そもそも損保は、災害発生時の多額の保険金支払いに備えて「異常危険準備金」というお金を積み立てている。準備金を取り崩した場合は、その年の“収入”として計上することができる。

 そのため、18年度は台風などの災害によって保険金の支払いが膨らんだものの、同準備金を大きく取り崩し、最終利益に与える影響を小さくしたことで、純利益ベースでは前期比で「増益」という結果になったわけだ。

 会計上、最終利益への影響が少なかったのであれば、特段問題ないのではないかと思うかもしれないが、それは違う。

 特に大手損保の場合は、経営指標として純利益よりも、配当など株主還元の原資となる「修正利益」を重視し、株主や機関投資家たちにこれまで盛んにアピールしてきた。

 その修正利益ベースでは、実は最大手の東京海上ホールディングスをはじめとして軒並み減益決算になっており、それによって一部の損保では、今夏の社員賞与が大きく目減りしているのだ。

 純利益は増益であっても、修正利益や社員に対する処遇を見れば、実態は明らかに減益であり、一連の報道がいかにミスリードしているかがよく分かる。

大手損保の心もとない災害準備金

 18年度決算をめぐっては、先述した異常危険準備金にも注目が集まった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード