地方ラジオ出演と格安サイトの落とし穴

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、堀本さんが旧友のラジオ番組に出演した話&格安サイトの上手な使い方?について。

古くからの友人が福岡でラジオ番組のMCをしていて、その番組に先日ゲストとして出演させていただきました。



テレビ出演も慣れないですが、ラジオなんて本当に初めてで、全く勝手が分からず、色々ご迷惑をおかけしたとは思いますが、3時間生番組のなかの60分くらい、お時間を頂き楽しくお話出来たのでは、と思います。

生放送というのは緊張感がありましたが、その友人とは本当に長い付き合いなので、何年ぶりかの再会でも、会った途端に20代の頃にタイムスリップしたような気分になり、不思議と久しぶり感は無く、自然体で話せました。

九州地方のみの放送というのもプレッシャーを和らげてくれました(すみません、九州の方)。

よくタレントさんが、地方やラジオでは全国放送では見せないような素の部分をさらけ出して面白いなどと聞きますが、私もいっちょまえにそんな感覚で多分必要以上にベラベラ喋ってしまいました。

ちなみに夫はこのパターンで関西のみ放送のバラエティ番組でうっかり余計な事を喋って、私の地元の友人などからタレコミが入り、叱られるという苦い経験があります。

MCも他の方々も博多弁で、ふるさと感がなんだか安心を与えてくれるのです。

私は大阪出身だからか西日本に行くと、旅行というより、「帰って来た」感じになります。

まずは私が行く事になったいきさつから。

12月中旬に東京へ来ていた友人ルーシー(MC名)から、

「時間が合えばお茶しよう。」という連絡がありましたが、うまく予定が合わず、結局会えず終いになり、その後の連絡で、

「息子も中学生になったしお留守番も出来るから、お弁当のない冬休みなら私が福岡に行く事も出来るわ。でもせっかく行くならルーシーのラジオの仕事場に遊びに行っちゃおうかなあ。」

「え、ほんまに来れると?それやったらゲストで出たらええやん。」

「え?!私でいいの?」

「全然いいよー。」

「ルーシー、そんなキャスティング権あるん?凄いな。そっちに感動するわ。」

「うん、ほりぴーさえよかったらいいよー。でも交通費とか出らんよ。」

「いい、いい。ラジオも興味あるし、ゆうこちゃんに会いに行くって事で。」

と、昔の呼び名でお互いを呼び合う私達。

私達が初めて会ったのは21歳くらいの時、東京で。

友人の友人という形で出会いました。

その頃私は『JJ』という雑誌の専属などモデル業をしながら学生もしていました(仕事がメインの生活でしたので、こういう書き方になります)。

ゆうこちゃんは、憧れの先輩歌手の方のバックコーラスになることを目指して北九州市から上京して来ていました。

やはり「西の人」と気が合う私は、その先輩歌手の友人で女優を目指してこちらは大分から上京して来ていた2つ年上の友人やっちゃんと演技の勉強の場で出会い、たまたま一人暮らしの家同士が近かったこともあり、仲良くなっていたのでした。

「ほりぴー」というあだ名はやっちゃんが付けました。

当時「碧いうさぎ」という曲が大ヒットしていた酒井法子さんの愛称「のりぴー」から取ったようです。

後にあの清純で可愛かったのりぴーが、あんな事になるとは夢にも思わず・・・。

私とゆうこちゃんは「同い年」という事もあり、すぐに2人で会うようになりました。

なんだかみんな夢を追っていて、アオハルですねー。

ラジオ番組の中でMCルーシーが、当時の写真「やっちゃんの家ででっかい熊のぬいぐるみに抱きついている女子2人」の写真を出して来て、

当時、番組の企画か何かで「チェッカーズのメンバーともつ鍋を食べに行ける」というのがあり、この写真を送ったら見事選ばれて、食べに行った!という話をして、

私が、「私は後日談で聞いただけで全く知らなかったのよー(なぜかニューハーフ口調で)」と言い、

福岡で活躍中の出演者、波田陽区さんに

「ほりぴーをダシに使っただけやないか!」と突っ込まれたりしていました。

当時の写真には白っぽいデジタル数字でその日の日付が刻まれるのですが、その写真を見ると、「94 10 26」とあります。

リアルに四半世紀前!怖っ!

いつの間にそんなに時が流れていたのでしょうか・・・。あとはルーシーが、

「うちんら、モデル仲間やけんねー。」

と2015年の雑誌『美スト』を持ち出し、私がヨガをしている写真の後ろで生徒役で載っている自分をアピールし、

「この時はたまたまほりぴーにピントが合っただけやけんねー。」

と言うと、また陽区さんが

「見切れとるやないか!」

と突っ込んだりして盛り上がりました。

さすが、ルーシー曰く「中央で活躍しよった人」!

この時は私のヨガ教室を取材してくださるページの撮影に、一人でというのも寂しいので、友人達に「生徒役」をお願いしていて、当時は東京在住だったルーシーにも協力してもらったのでした。

その雑誌をきちんととっておいてくれていた事に、密かに感動していた私。

友人って本当にありがたいです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません