超雑談力 

超雑談力】そろそろ本題に入りたい時に使える「宣言」テク。

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話せる。信頼関係が築ける。 超カンタンなコツをマスターして、一生モノの「雑談力」を身につけましょう。人気カウンセラー・五百田達成さんの『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』をcakesで特別連載!


雑談をしていて、本題に入りたい、話がループしているので別の話題に移りたい、と思ったとき、どうすればいいでしょうか?

「ところで」とさりげなく話題を変えようと思っても、すぐに戻ってしまう。「そろそろ」と促しても、切り上げない……。

とくに、相手が上司や取引先など、目上の人だったりすると、話題変更が難しいことも多いでしょう。

こういうときに役立つのは、「話は変わりますけど……」と、そのままズバリの目的を言ってしまうことです。

身勝手に話を進めるタイプでも、「話が変わりますけど……」と言われて、「いや、話を変えないでこのまま!」と言い出すことはまずありません。

同じように「全然違う話をしてもいいですか?」「これまでの流れを切っちゃって申し訳ないんですが」なども、有効。とにかく、「これからこういう話をしたい」という目的を、ストレートに伝えてしまうのが正解です。

商談の前の世間話から、そろそろ本題に入りたいな、というときにも、「いやー、おしゃべりが楽しくてキリがないですね」と持ち上げてから「ずっと話していたいのですが、本題に入りましょうか」と言うと、スムーズに商談に移行できるでしょう。


◆不安な点はあらかじめ「お断り」しておく
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超雑談力 

五百田達成

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。 だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません