団信180兆円市場めぐり、熱を帯びる生保の価格競争

住宅ローンを借り入れるときに加入が求められる団体信用生命保険。不動産市場が盛り上がり、住宅ローンが拡大する傍らで、団信市場でも保険各社が激しい火花を散らしている。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 銀行などから住宅ローンを借りるときに、一様に加入を求められる、団体信用生命保険(団信)。ここ数年、金融緩和によって不動産市場が盛り上がり、住宅ローン残高が拡大するのに合わせて、団信をめぐるシェア争いが熱を帯び始めている。

 団信の市場規模は、2017年度で184兆円(保有契約高ベース)。住宅ローンの残高に比例するため、規模はかなり大きく、被保険者で見ると一人で複数の契約があることから、1億人を軽く超えている。

 その巨大市場を長年仕切っているのが、明治安田生命保険だ。団信契約高全体の4分の1を押さえており、存在感は大きい。

 その高いシェアを下支えしているのが、全国地方銀行協会が運営する「地銀協団信」だ。地銀で住宅ローンを借りている人の多くが、この団信に加入している。

 地銀協団信の引き受けは、大手生保4社がシェア割りするかたちで、明治安田がその幹事になっている。それがまさに、競争力の源泉となっているわけだ。

 そうした構図に強烈に食い込んできている生保がある。外資系のカーディフ生命保険だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード