大手生保で激しさを増す、代理店市場での覇権争い

【生保に迫り来る再編ドミノ】
国税当局による“指導”で、節税保険の需要が急速にしぼむ中、成長余力のある代理店市場を取り込むべく、大手生命保険会社による覇権争いが激しくなってきた。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

Photo by M.N.

 「節税保険」のお祭り騒ぎが、とうとう終わりを迎えた2019年2月下旬、大手生命保険会社の担当者たちはかなりいら立っていた。

 国税庁の税務ルールの見直しという対応を受けて、同月14日から大手が一斉に節税保険の販売を停止するという「バレンタインショック」に見舞われる中で、その動きを平然と無視するかのように、中小企業に売り続けていた会社があったからだ。

 中でも、最後まで“抵抗”したのが、大同生命保険とエヌエヌ生命保険の2社だ。

 両社とも全国の税理士や会計士などとがっちり連携して、中小企業に節税保険を売ってもらっていたのだ。

 「節税保険が販売できなかったら、事実上の業務停止状態だな」などと同業他社からやゆされるほど、ここ2年は販売に力を入れていたようだ。

 それだけに、国税庁による税務ルールの見直し宣言は、2社にとって経営へのインパクトが相当大きく、容易には引き下がれなかったとみられる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード