愛も憎しみも手放す

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

愛も憎しみも手放す

「子どもを殺したいと思う」と言うお母さんがいました。子どもは引き離され、3歳半で児童相談所に引き取られました。
 そのお母さんの話をいろいろ聞いてみると、やはり自分自身が親に愛されなくて、虐待を受けて育っていました。だれにも愛されたことがないから、愛情というものがどういうものなのか、どう愛情をかけてあげたらいいかがわからなかったのです。子どもを産んだときにも、愛情の注ぎ方がわからない。泣いてばかりいるのが煩わしくて、殺してしまったら静かになる、と思った。それから十数年、そのお母さんは、相変わらず「殺したい」と言っています。「あの子は私を嫌っている、だから憎い」と言うのです。
 それでいて、「子どもが私に会いたくないって言うんです。どうしたらいいですか?」と私に聞いてきます。敏感で賢い男の子らしいのですが、子どもの立場からすれば、自分を憎んでいて殺したいと思っているようなお母さんに会いたいわけがありません。
 でも、お母さんは、ピンときていません。
「あなたが憎いという気持ちを持っていることが、子どもには伝わっているんですよ」と私は言いました。
「その子もあなたを憎いと思っているし、あなたもその子を愛せない。それはしょうがない。憎いという気持ちを持ったまま、自分自身をごまかして許そうとしても、そういう気持ちにはなかなかなれません。わだかまりがあるうちは、許そうとすればするほど許せなくなるのが人間の心理です。だから、憎いとかそういう気持ちを認めましょう。憎いとか殺したいとか思ってしまう自分を責めなくてもいい。自分はダメ人間だと思わなくていいんです。そして子どもさんに、『許してくれなくてもいい、だけど会いたいと思っている』という気持ちを伝えてみたらどうですか」
 そう話しました。

 私は以前、本に「自分を許しましょう」「そうすれば楽になる」と書いたことがありました。でも、「許せと先生は言うけれども、私は絶対に自分の親を許せません」と言う人がいました。
 それはそうだよな、と考え込んでしまいました。では、どうしたらいいのでしょう。 「許す」は上から目線です。「自分が自分に対して許すということも、傲慢じゃないですか」と、ある人に言われて気がつきました。その人が教えてくれました。許さなくても許されているんです。誰から許されているのか。この宇宙です、と。
 禅問答のようですが、つまり、いま、ここに存在しているのは、「宇宙から存在を許されている」からなのだ、ということなのです。それなら、なんとなく意味がわかります。そうか、許さなくてもいいのか、と合点がいきました。
 すると、「許す」ということに縛られていた自分に気がつきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません