子どもを愛せない──負の連鎖

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

子どもを愛せない──負の連鎖

 親から正当な愛情を注がれずに育った人は、もうひとつ問題を抱えます。自分の子どもの愛し方がわからないのです。
 こんな例がありました。
 この人は子どものころから敏感すぎることで、いろいろ苦しかったそうです。母親は敏感な子どもを煩わしいと感じていたらしく、「私は母から嫌われていた」と言います。父親は気に入らないことがあると殴るタイプで、両親が離婚して彼女は仕方なく母親に引き取られます。しかしほとんど育児放棄状態で、男性と遊んでばかりいたといいます。多くを語りませんが、つらい子ども時代を過ごしたようです。
 結婚して子どもが生まれました。女の子です。娘も敏感気質を持っているのを見て、彼女は「面倒だ、こんな子と関わりたくない」と思います。しかし「私みたいにさせたくない」という気持ちもあります。その狭間で、どうしたらいいのかわからないまま毎日を過ごしています。
 このケースは、いわゆるアダルトチルドレンです。親から愛情をかけられ、守られて育ってこなかったことが心の傷になり、自信も自己肯定感もないまま、自分が親になってしまった。そして子どもの中に、かつての自分を見ているのです。
「私みたいにさせたくない」ということは「私がそうだ」と言っていることです。その「私がそうだ」というものが子どもに伝わります。親が不安が強くていつもイライラしていたら、その強い不安は子どもにもわかります。夫婦仲が悪くてけんかばかりしていると、その不穏な空気が胎児や赤ちゃんに伝わります。とりわけ敏感な子は感じ取ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません