​心の距離を作れないなら物理的に離れること

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

心の距離を作れないなら物理的に離れること

「今から子どもを殺して私も死にます」と連絡してくる人も中にはいます。これまでそういう人は何人かいたのですが、そのたびに私は激怒しました。
「あなたが死にたいなら、一人で死になさい!」
 それは、子どもたちが、どれだけ生きようともがいているかを知っているからです。それを「子どものため」とか「この子のためにならないので、この子を連れて死ぬ」なんて、あんたは神様か! なんて傲慢なんだ! と、許せない気持ちになるのです。
 そうやって私が思い切り𠮟ると、ハッとするようです。
 人のせいにして死のうとすると、罪悪感が少し軽減されるので、実行しやすいのですが、一人で死になさいと言われると、なかなか死ねなくなります。私はそう思っているので、あえてそういうキツい言い方をするのです。
 本当にどうしても心の距離を作れないなら、物理的な距離を取るしかありません。
 子育てしているあなたが潰れそうになったら、相手も育っていきません。
 だから、そういうときは一回、自分が寝込んでお世話される側になってみたり、または手出しできないところに行ったりしてみましょう。その後にどうするかは本人の課題です。いろいろな人にすすめていますが、これはけっこう有効です。
 ある家では、おばあちゃんが家事全般をやって、働いている娘さんとその子どものことも全部、面倒を見ていました。孫が「学校に行けない」と言うとおばあちゃんが送っていたのです。
 そこで、おばあちゃんに寝込んでもらったり、友だちのところに遊びに行ってもらったり、入院していることにしたり、という方法を使ってみました。
 すると、ちゃんとお母さんが子どもを学校まで送っていくようになり、子どもは「お母さんに申し訳ない」と思って自分で登校するようになりました。そういうケースがけっこうあります。
「あの人のために」と思いながら、(でも、あの人、嫌い)と思っているときは、相手の首を絞めているときがあります。成長しないように足かせをしているようなところがあるのです。ですから、物理的に距離を取ることが必要なのです。

振り回されていると感じたら

 うつの人のそばにいて「振り回されている」と感じるのは、ひとつは、イライラして当たられたときでしょう。
 それから「死ぬ」と脅迫されたときでしょう。この場合が、一番振り回されている感があります。でも、それは信頼関係があって甘えられている証拠なのです。
 そうは言っても、甘えをそのまま助長してしまうとその人は成長できません。本人も結局、甘えたあとで自責感が生まれるので、そういうときは距離を置くか、父性を発揮することです。
 そのときは冷たく抱き留めて、温かく突き放すことが大事です。
「死ぬなんて言われたら脅迫されているみたいで嫌だわ」とか、「こんな時間に私は電話に出ない」と言ってもう絶対に電話に出ないとか、家を出ていっても警察に託して自分では捜さないとか、そういうルールを作って、自分ができることの枠を出ないことです。
 うつの人が失踪したり、暴れたり、自傷行為をしたりすると、近くにいる人はそういうときにあわててしまうことが多いのです。
 私のクライアントさんにも、こういう例があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomimonocom 「一人で死になさいと言われると、なかなか死ねなくなります。」 元自衛隊の臨床心理士・玉川真里さんの連載「イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ」 第44回「心の距離を作れないなら物理的に離れること」を公開! https://t.co/Gk3XpiLJfC 7ヶ月前 replyretweetfavorite