満員電車

歌手、女優、そして作家として独自のキャリアを重ねているCoccoさん。最新エッセイ集『東京ドリーム』(ミシマ社)発売に先駆けて、収録作品を先行公開。連載2回目は東京の満員電車の話。Coccoさんと電車という組み合せはなんとも不思議ですが、どうやら進んで満員電車に乗っているようです。cakesではCoccoさんの独占インタビューも同時公開しています。あわせてお楽しみください。


 電車のない土地で生まれ育ったから、未だに電車は苦手の分野に入る。乗り換えはもちろんホームの反対側への行き方もわからなかったから、ある時は道を渡るようにポンと線路に降りて駅員さんにこっぴどく怒られたこともある。沖縄は一人一台の車社会だから、充分なパーソナルスペースが確保できない満員電車はとんでもない恐怖だった。

 しかし、平日の始発から午後九時半までの間に設けられる女性専用車両の存在を知ってからは、そんなに早く出掛けることもない日であろうと、わざわざその通勤ラッシュの時間帯を狙って、満員電車に乗りこむようになった。

 女性専用車両というのは読んで字の如く、基本的に女性だけの乗車が許される車両のことだ。朝のそれは、とても良い。そこら中に洗いたての、フレッシュなピカピカの女の人がひしめき合っているんだもの。右によろけてもふわりとやわらかい。左にバランスを崩してもほんわりいい匂い。

 満員電車に乗る時、私はできるだけヒールの高い靴を選ぶ。十センチあれば身丈は一七五センチにも伸びる。頭ひとつ飛び出た高い場所から私はゆっくり沢山の女の人を眺めることができるのだ。

 大学生だろうか、ピチピチと弾ける細胞の粒を抑えきれないといった元気な肌が眩しい。昨夜は夜更かしをしたのか無防備にぽかんと口を開けて居眠りをしている。この子は今日どんな一日を過ごすんだろう? どんな素敵な出来事が待っているんだろうと考えるだけで私の胸はキュンと鳴るのだけれど、いやいや、このくたびれ具合は、もしかしたら、朝帰りかもしれない! 動き出した街に何とか身を任せて夢の中から現実へ戻ろうとしているんだ。そんな夜をどれぐらい越えてここに座っているんだろう? 私のそんな夜はどこへ行ったろう? 若いっていいな、と思う。いっぱい迷っていっぱい泣いて、そしていつかきっと、やさしい夜に辿り着くんだよ。満員電車の中で私はぐぐっと涙をこらえる。 

 

 目線を移すと、パリッとアイロンのきいたシャツにスーツをピシッと着こなして綺麗にお化粧をしたキャリアウーマンもいる。きっちりと引かれたアイラインに塗りたての口紅。こんな朝っぱらからしっかり身支度の整った女の人を見ると、背筋がシャンと伸びる気がするものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
東京ドリーム

Cocco

歌手、女優、そして作家として独自のキャリアを重ねているCoccoさん。最新エッセイ集『東京ドリーム』(ミシマ社)発売に先駆けて、収録作品を先行公開。歌を歌うこと、子供を育てること、人を愛すること、日々生活を営むこと、東京という街で働く...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chinaHacca コスメに疲れてる時や迷走した時に、凄く気持ちが軽くなる記事だと思う😊 そう、少し足すだけでも良いんだよ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ChibanaTatsumi 【Cocco】「若いっていいな、と思う。いっぱい迷っていっぱい泣いて、そしていつかきっと、やさしい夜に辿り着くんだよ。 4年弱前 replyretweetfavorite

yukichi_47 あっちゃんの目で見た朝の風景。女性専用車両が苦手な私に違った視点を与えてくれる。。。 4年以上前 replyretweetfavorite

Horie_Yukari 泣いた。“@cakes_PR: そして発売予定のエッセイに先駆けて、その内容の一部を公開! Cocco「東京ドリーム」 ” 4年以上前 replyretweetfavorite