業界初の「おくすり保険」対象薬剤は約1400品目

住友生命グループのメディケア生命保険は2019年5月から、薬剤治療を保障する「メディフィットEX(イーエックス)」の販売を始めた。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

Photo:DW

 心筋梗塞や脳卒中といった疾患につながる生活習慣病に悩む人が増える中で、早期発見、早期治療に向けて中心的な役割を担う薬剤治療に特化したもので、業界初という。

 保険金支払いの対象となる疾病(の薬剤)は、がんや心疾患、肝疾患、糖尿病など九つ。9疾病の患者は年々増加しており、同社の調べによると、そのうち通院治療している人の割合は96%に上る。

 通院による薬剤治療の自己負担額は大きく、がんの場合は月平均6.4万円、肝疾患は同5.6万円、心疾患は同2.2万円だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード