認知症保険】ハードル高い支払い要件 軽度認知障害の保障も登場

【プロが薦める生命保険】ランキング&超徹底比較! #9

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 厚生労働省の推計では、65歳以上の認知症患者は約520万人(2015年時点)で、団塊の世代が後期高齢者となる25年には、約700万人に達するとみられている。

 政府は70代の認知症患者の割合を、25年までに6%減らすという数値目標を掲げており、官民が一体となって対策を進めようとしている。介護が必要となった原因のトップは認知症であるだけに、待ったなしの状況だ。

 認知症保険を比較するときのポイントは、やはり要介護度といった支払い要件の部分だろう。

 「器質性認知症」と診断され、約款所定の状態が180日間継続したことを要件とするなど、ハードルは決して低くないからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード