引受基準緩和型医療】持病があっても加入しやすい 支払削減期間の撤廃広がる

【プロが薦める生命保険】ランキング&超徹底比較! #3

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月15日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 持病がある人でも加入しやすいのが、引受基準緩和型医療保険だ。


Photo:123RF

 ただ緩和型といっても、保険会社側としては保険金の支払いリスクを一定に抑えなければならず、そのため加入するに当たっての条件はやや厳しいのが実情だ。

 その一つが、告知項目。過去1~2年以内に何らかの手術や入院の経験があったり、5年以内に肝硬変になっていたりすると、緩和型商品といえども加入できないことがほとんどだ。

 保険料は相対的に高いため、もし告知項目を全てクリアしているのであれば、まずは通常の医療保険に加入できないか、確認した方がよいだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/15号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-10

この連載について

初回を読む
保険 どうなる節税どうする見直し

週刊ダイヤモンド

毎月の家計への負担が決して小さくない保険料。本特集では医療やがん保険から、収入保障や介護保険、さらに自動車保険までお薦め商品とランキングを一挙掲載したほか、企業の間で大きな話題となった節税保険や外貨建て保険についてもその動向に迫った。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード