奇跡を信じて神風を待つなら、作戦を立てて希望にしよう

不妊治療での経験から、割り切れない感情を抱いている今回の相談者。不妊治療とがん治療の共通点から、奇跡と希望について幡野広志さんが答えます。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

31歳のとき、不妊治療の末に授かった男の子を死産しました。

体外受精まで進んでも結果が出ないなかでの自然妊娠でした。

その後、仕事をやめて治療に専念しましたが、妊娠することはできないまま、35歳になりました。治療期間は8年、費用はトータルで1000万にも及び、そろそろ終了しなければならない、すべてやり尽くしてしまった、そんな気持ちです。

精神的にも疲れました。ここまでなんだか色々なものを失いました。 喪失感を、治療を頑張ることで、先への希望で埋めてきたのです。

夫との仲は良好で、この先2人でもやっていける、と言ってくれます。 でもなかなか元気が出ず、今でも塞ぎ込むことが多いです。失った赤ちゃんを思って悲しいのか、罪悪感なのか、努力した治療の結果が出なかったことを怒っているのか、わからなくなります。多分全部です。

今は夫と仲良く過ごせるだけでも、幸せ。心からそう感じています。楽しくて2人で笑うことも多いです。でも辛い気持ちは毎日のように襲ってきて塞ぎ込んでしまいます。

いつか楽になれる日はくるのでしょうか?

(ポムポムプリン 35歳 女性)

不妊治療をした8年間でいろんな人から、いろんなことをいわれてきたとおもうんです。

あなたの過去の行いを咎められたり、食べているものを否定されたり勧められたり、「赤ちゃんはお空からパパママを探してる云々」「死産した赤ちゃんがママの悪いところを持っていってくれた、だから次は何々」とか。旦那に問題があるんじゃないかとか、あきらめなければ奇跡は起きるよ、みたいなことを散々いわれたとおもうんです。

口に出さなくてもいいけど、心のなかでバ—カって言い返していいとおもうんです。

相手は善意のつもりでいってきてるから気付いていないけど、あなたと旦那さんはじわじわとこういう言葉に苦しめられたとおもうんです。相手のためと信じて、でもじつは相手を苦しめる行為をしてることを優しい虐待ってぼくは呼んでます。

あなたの苦しさをなぐさめようと、なんとかしてあげようとする行為なんだけど、哀れみの目で見られたり可哀想っておもわれるのって、めちゃくちゃ苦しいしムカつきますよね。

あなたが精神的に疲れて、いろいろ失ったものの一つが人間関係でしょう。

あなたの苦しさを本当に理解できるのは、あなたしかいません、旦那さんの苦しさもまた、それを本当に理解できるのも旦那さんだけです。苦しさの理解というのは本当に難しいことで、理解されないことで孤独を感じるのだとおもいます。

不妊治療せず子どもが産まれたぼくには、あなたの苦しさはわかりません。きっとぼくのことをドライで冷たい人っておもう人もいるとおもうんだけど、ウエットで熱々な一目も入ってない五目あんかけみたいな人が優しい虐待をしちゃうんだよね。

不妊治療と死産の苦しさは想像することしかできないけど、人間関係で消耗したことはよく理解できます。なぜなら不妊治療とがん治療って治療としてはまったく違うんだけど、心理状態や環境、周囲からかけられる言葉などが酷似しているからです。

不妊治療中の人って、なかなかガン患者さんと話をする機会はないとはおもうんですけど、本当にびっくりするほど心理状態は一緒。

自分のことを役たずとか失敗作なんじゃないかって自分で自分を責めてしまったり、あなたもこの8年間で「ありのままでいいんだよ」って一目も入ってない五目あんかけみたいな人から何回いわれたか思い出してみてください。

優しい虐待をしてしまう人って、ここぞとばかりに一流コピーライターみたいな言葉を捻り出そうとして、いちばん耳にしてるJ-POPの歌詞をいっちゃうんだよね。

あなたも「ありがとう」としかいえないだろうから、本人はフルスイングでホームランを打った気になって大満足なんですよ。

こういうことをいうと「じゃあなんて声を掛ければいいんだ」ってバッターボックスから困惑気味にサインを求められちゃうんだけど、そもそもバッターじゃなくてキャッチャーになるべきなんですよね、バットじゃなくてミットをもってくれ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshima0320 何かあったとき、とにかく聞くことをまずは意識しようと思う。 善意でも相手にとっては凶器になってることがある。 https://t.co/odq1TLHExR 6ヶ月前 replyretweetfavorite

koimopi 無料だと途中までしか読めませんが…。 昨日の深夜、これを読みながら延々しくしくと泣きました。 https://t.co/f5tTidQJlK 10ヶ月前 replyretweetfavorite

namazumorikawa 気になったきっかけhttps://t.co/eB7ie4YUk2 10ヶ月前 replyretweetfavorite

clicquot09 こっちの話の方が、くるものがあった。https://t.co/afk9KXiu07 10ヶ月前 replyretweetfavorite