近藤聡乃展「KiyaKiya1/15秒」—アニメに吹き込まれた生命力

もうすぐ夏も終わり。どこにも行けていない! というあなたのためにご紹介したいのが、東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催中の近藤 聡乃 あきの 展。マンガ家として活動している近藤の作品は、童話や昔話をほうふつとさせる絵柄ながら、独特の生命力にあふれ、観る者の心をつかみます。仕事帰りの涼しい夕方、ふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

少しだけ暑さも緩んできましたね。出歩く気力も湧いてきそうですか? もしそうならば、東京・市谷にあるギャラリーでの展示をご紹介したいのです。駅から少し歩くのですが、日がかげってくる時間にでも、ゆっくり訪ねてみてはいかがでしょう。JRか地下鉄の市ヶ谷駅を出て、神田川沿いを歩きます。10分くらい歩いてすこし汗をかいてきたころ、「M」の字をかたどった旗が左手に見えてきます。それを目印に階段で2階に上がれば、そこがミヅマアートギャラリーです。

ここで観られるのは、気鋭の日本人作家による作品です。所属作家は、会田誠、山口晃、鴻池朋子といった面々。美術の世界では売れっ子と知られる人たちばかりですね。日本画をベースにしていたり、少女や漫画など日本的なモチーフを扱ったりと、総じてこちらのギャラリーには「日本らしさ」を前面に押し出すアーティストたちが集まっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません