​新しい人間関係の作り方

古今東西、老若男女の人を悩ませているのが人間関係の問題。インターネットの普及で、それはさらに加速しているそう。今回はそんな人間関係をどうすればうまくこなせるのか。bar bossa店主・林伸次さんが考えます。

女性も男性も苦労する人間関係

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

『LEON』で美人にインタビューする連載をしているのですが、何度も耳にするのが、「複数の女性がいる場所で私だけちやほやするのはやめてほしい」という話です。男って他のイケメンの男性がモテても、「まあ仕方ないな」くらいにしか思わない人が多い気がします。だけど、女性同士の場合はもう少し複雑な問題をはらむことがあるようです。

もちろん、「私は自分がモテても同性からは嫌われない」という女性も存在しているのですが、よくよく聞いてみると彼女たちは女性ヒエラルキーの上位に位置しているようなんです。綺麗だけどそういうのが苦手な女性は、「ちょっと個性的」を目指すというのも聞きました。奇抜なファッションや髪型にして、モテからズレた場所にいると、同性から嫌われないそうです。

そしてやっぱり、女性の中には、女性同士でトイレに行ったり、女性同士で誕生日プレゼントを渡しあったりするのが苦手っていう人が存在するんですね。こういう女性は、女性同士で遊ぶよりも、男性の友達がたくさんできたりします。

でもご存じのように、男性の中に女性が単独でいると、その女性はどうしてもモテてしまうんです。そんな状態を目の敵にする人も存在するようで、女性同士って難しいんだなあと思いました。

一方で、もちろん男性同士も群れますよね。体育会系だったり、会社や学校や協会といった組織だったり、同じ学年という横のつながりだったりと色々とあります。女性同士が初対面のときは「敵なのか味方なのか」を考えるそうなのですが、男性同士が初対面のときは「上なのか下なのか」を考えます。だから、組織のような序列がはっきりと決まってる空間の方が、多くの男性は楽なんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matsu_blue 新しい人間関係の作り方|ワイングラスのむこう側|林伸次|cakes(ケイクス) #SmartNews とってもいい記事だった https://t.co/a2twjBlFty 8ヶ月前 replyretweetfavorite

jujukoh 新しい人間関係の作り方|林伸次 @bar_bossa | 8ヶ月前 replyretweetfavorite

les_trooper 新しい人間関係の作り方|林伸次 @bar_bossa | 8ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha "男って他のイケメンの男性がモテても、「まあ仕方ないな」くらいにしか思わない人が多い"ならタダイケとか言わんやろ。/新しい人間関係の作り方|林伸次 @bar_bossa | 8ヶ月前 replyretweetfavorite