百鳥ユウカが独身ではなくなった日

物語はいよいよクライマックスへ。百鳥ユウカはシングルマザーになりました。

アニ子の家で過ごす日々は平穏そのものだった。

季節は冬がすぎ、やがて春になった。 沖縄の春は、本州よりも早く、2月にはやってくる。

雨が降りがちだった1月よりも、快晴の日が増えてくる。

ユウカはアニ子の家の雑事を手伝っていた。

臨月間際の妊婦たちへ出す食事の給仕や皿洗い、部屋の掃除やトイレの掃除。

この家全体を包む静謐な空気は丁寧な掃除とアニ子のきめ細やかな心配りによって保たれていると感じた。

ユウカはそこで働くうちに、自分のお腹も少しずつ大きくなっていったけれど、身体はいたって健康だった。

時折、フラッシュバックのように、渋沢と過ごした日々が蘇ってくる。
大量にかく汗と、心がキリキリと痛むトラウマは簡単には消えそうにはない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません