やれた者とやれなかった者のそれぞれの「精算」—童貞からの長い手紙⑨

入部したスキューバサークルで、1つ上の日野先輩に恋をした童貞大学生・寺河内将也。先輩の家で一晩過ごしたにも関わらず、判断を見誤り、結局童貞のまま大学を卒業します。数年後、同期の安田が先輩とやっていたことが発覚。激しいショックを受けた寺河内は、安田と自分のちがいを真剣に考察していきます。
「童貞からの長い手紙」シリーズ9話目です。シリーズ1話目(無料)はこちらからどうぞ。

<前回のお話はコチラ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshidatakashi3 主な感想「長い」でした。 30日前 replyretweetfavorite

bako 確かに48個ぐらいあったけど、長過ぎてわからんようになったわ。 https://t.co/TqKCDWErJe 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

c___v なっっがかった…! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

miu_fx 長い… やれたとはいえないな。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite