リアル障害者VSリアル中学生

えっ。結末を迎えたのに、また記事が出た?と思った方。まだまだ「障害マストゴーオン」をご紹介したいので、お付き合いいただけると嬉しいです。今回は、福本さんが中学生とともに取り組んだ、防災授業について。福本さんいわく「阪神淡路大震災の時、神戸の街は壊滅状態となり、大阪でも地面がわれた。建物の一部にひびが入った。当時のことを少し思い出していただけたらと。災害も決して他人事じゃないはず。私はこの冬も防災授業に取り組みました。どっきどっきの異文化コミュニケーションです。が、この文章を書いたこの時は私もまだ若かったなー」とのこと。
今週金曜日で、阪神淡路大震災の発生から25年が経ちます。改めて、防災について、ともに地域に生きるいろいろな人とともに、災害から生き延びることについて、考えてみたいと思います。


ゆめ風基金で、入職当初から関わっていたイベントの一つに、中学校に出向き中学生と避難訓練をする「いのちと防災を考えるゆめ風中学生プロジェクト」があった。学校との打ち合わせや障害者講師の派遣は、私が理事をさせてもらっている「おおさか行動する障害者応援センター」がおこなっている。大阪盲ろう者友の会「手と手とハウス」さんにも毎年ご協力いただいている。子どもたちとの出会いは「障害者と健常者の溝」を埋めるたくさんのヒントになる。退職後も、時間と体力が許す範囲で、この活動には参加させてもらっている。

中学生は恐れ知らず。失敗するからすごい力を出す!

初めて中学校に招かれた時、生徒さんに靴箱で出会い頭、「うわっ、リアル障害者!」と驚かれた。私は、うわっ、これが今時のリアル中学生と?と逆に驚いたが、あの頃はとっさに切り返す大きな声が出せた。「バーチャルと違うでー。ホラー映画の貞子とも違う、ちなつやでー」生徒は一瞬きょとんとして、はにかむように笑った。十四歳の彼と心が交わせた気がした。


事前学習では、自己紹介をかねて障害者としての生きざま(なんて私にはないのだけど)、加えて避難訓練の注意事項や障害に合わせた介助方法を話す。教室に入った瞬間のあの緊張感は、ずっと変わらない。言語障害のある私は、カンペやプラカード、板書、ジェスチャーを交えての授業。年々伝言ゲームのようになっていくが、先生や生徒さんの笑顔や驚きをヒントに異文化コミュニケーションを楽しんでいる。

私がマスクをして、中学校を訪問した時のこと。教室に入った瞬間、思い立った。そして黒板に大きく書いた。

一、風邪

二、ギョウザ

三、感染

「はい。みなさん、はじめまして! 突然ですがクイズです。今日、私がマスクをしている理由は?」持ち時間は二十分なので、一瞬で教壇に集中させたい。マスクを右手に持ち、頭の上で振った。「はい、マスクはなんで? 三択! 風邪だからマスクをしていると思う人、手を挙げてください」手振り身振りも加えて必死で呼びかける。「風邪かな〜」と言いながら大半の生徒の手が挙がる。「はい、昨日私はギョウザを食べてにおうからだと思う人は?」これには笑いながら、「はい」と二人の手が挙がる。「では最後。えー、私の障害が空気感染するからだと思う人は?」なに食わぬ顔で聞いてみると、その答えを選んだ生徒さんが一人いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Chuck_euoni 切り返しがすごい。さんまさんの母子家庭の話を思い出したけど、上手く鋭く返すことって難しいもの 10ヶ月前 replyretweetfavorite

bud_a_yuba また感動してしまった↓ 10ヶ月前 replyretweetfavorite