胃は休まるけど、お酒がすすむ「たらとキャベツ、じゃがいものくたくた炒め」

今年最初のレシピは、真冬のタラ特集第三弾、「たらとキャベツ、じゃがいものくたくた炒め」をお届けします。今回は、甘くてうま味たっぷりの冬キャベツが主役。消化を促す効果もあるので年末年始で疲れた身体に優しい一品となっています。もちろんおつまみにも最適です!

cakes読者のみなさま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

年末年始、やっぱりたくさん食べちゃいましたか? 久しぶりに集まった家族や親戚、甥っ子姪っ子、外では友人知人、誰かの家で飲み会と、ハレの料理を前に朝からビールだワインだ日本酒だと続けていると、会話が弾もうが沈もうが、目の前に並ぶ料理をついついエンドレスで食べちゃう。見慣れた料理は懐かしく、珍しい料理は「へー、どうやって作ったのこれ」とか言いながら。おっと、お土産のデザートもある、お年賀のお菓子もある。カロリー的にはまずいよね、でもまあお正月だし。そんな感じで過ごしていると、ねえ。魚卵三昧、餅三昧、おやつ三昧、胃腸にとっちゃブラックシーズン。やがて、おなかは空いたけど胃は休めたいという、頭と身体がそっぽむく状況が生まれます。

そんなわけだから、1月前半は胃腸にやさしいものが食べたい。これまでもこの時季は、「大根葉と餅の雑炊」「たらとじゃがいも、かぶの葉のポルトガル風おかゆ」など、胃の環境改善的メニューをご紹介してきました。

でも、2020の新年早々にご紹介したいのは、雑炊などのそっち系じゃありません。たまには米を離れて、これ一皿でもいいんじゃない、という提案。ポルトガルの脱力系お惣菜「ホパ・ベーリャ」です。直訳すると、古着という意味。なんてネーミングだろう。良し悪しは別として、インパクト大。でも、結構嫌いじゃない。ついつい長年着続けてるセーターとか、愛着のあるものをイメージするような響きがいい。ちなみに名前の由来は、料理の見た目がくたくたな感じだからと聞きました。そう言われればなるほどです。

ポルトガルの年末年始も、クリスマスから年明けまでごちそうとデザートがマラソンのように続くのですが、そこで非常によく食べられる料理のひとつが、茹でた立派な干しだら。付け合わせは、これまたたくさんの茹でたキャベツやじゃがいもで、これらをこれでもかとこしらえるので当然休み明けに残る。「ホパ・ベーリャ」は、そのごちそう達を二次活用した料理です。

主役はたら、と言いたいところですが、実は柔らかめに茹でたキャベツ。冬の甘くてうま味たっぷりのキャベツは、軽いにんにくの風味で炒めるともりもり楽しめます。たらは電子レンジでチン、なんならジャガイモもキャベツもレンジでチンして、最後にフライパンで軽く炒め合わせれば完成。軽いけど腹持ちのする、そしてなんだかいつのまにか飲みたくなってくる、つまみのような一皿ができちゃいます。キャベツは胃の消化を促す作用もあるので、正月疲れの身体には心強くもあり。

では、たらとキャベツを使ってパパっと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

真冬のたら特集③「たらとキャベツ、じゃがいものくたくた炒め」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

N9Oj2Sy4FXcD5Ts #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada ポルトガル語で「古着」という意味の、普段着系くったりおかずです。キャベツたくさん食べたい人に! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

yui_shim2 これはおいしそう。キリッと冷えた白ワインと食べたいやつ🤤 約1ヶ月前 replyretweetfavorite