保育園があぶない!

企業主導型保育施設でトラブル続出

【補助金ばらまき行政のツケ】
2016年に待機児童対策の一環として政府がぶち上げた「企業主導型保育事業」が、ここにきてトラブル続きだ。一体何が起きているのか。現場の悲鳴をレポートする。

 2018年10月、東京都世田谷区の企業主導型保育施設「こどもの杜」の2園で、給与未払いを理由に保育士など職員18人全員が一斉に退職し、休園に追い込まれる事件が起きた。

Photo:kyodonews

 同園は各園にロボットを取り入れた独自保育をうたい、企業主導型で新規参入した事業者の保育施設だ。一斉退職のあった2園は4月に開園したばかりの新設園で、園児がいたにもかかわらず、6カ月で休園に至った。経営者は、国からの助成金の入金が遅れたことを原因に挙げたが、経営者はもともと保育業界の人間ではなく、保育士の退職も頻繁に行われ、運営のずさんさも指摘されている。

 ただ、助成金の遅れについては、関係者が皆、口をそろえて不安を述べる。

 「今年4月に新園を開園予定なのに、まだ助成決定の連絡が来ない」。そう焦るのは、都内で企業主導型保育施設を営む園長だ。(編注:本記事は『週刊ダイヤモンド』昨年2月2日号に掲載したものです)

 2016年に現在運営している園の申請をしたときは、17年1月に助成が決定されたものの、助成金が全て入金されたのは17年10月末のことだった。今年は内々定こそ出ているものの、助成決定の連絡そのものが遅れているという。助成金が出るまで運営費や施設費は自分で立て替えねばならない。その間に資金繰りに支障を来す園もあるようだ。

 一体なぜ、企業主導型保育施設をめぐってトラブルが多発しているのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/2号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-28

この連載について

保育園があぶない!

週刊ダイヤモンド

あなたの近所で、最近新たに建てられた保育園を見掛けたことはないだろうか。国は安倍晋三政権が掲げる待機児童解消のために、血税をつぎ込んで大量に保育園を新設している。だが、量の確保を急ぐあまり、「保育園の質」が劣化している。際どい保育行政...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード