保育園があぶない!

保育は福祉」は時代遅れ

【インタビュー】
中村紀子(ポピンズホールディングス代表取締役会長)

 「保育の質」にこだわる親は確実に増えています。六本木の東京ミッドタウン内にある「ポピンズアクティブラーニングスクール」は、英語、音楽、アートのプロを招いたカリキュラムを提供していますが、月額20万円超の認可外保育施設でありながら今も100人待ちの状態です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/2号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-28

この連載について

初回を読む
保育園があぶない!

週刊ダイヤモンド

あなたの近所で、最近新たに建てられた保育園を見掛けたことはないだろうか。国は安倍晋三政権が掲げる待機児童解消のために、血税をつぎ込んで大量に保育園を新設している。だが、量の確保を急ぐあまり、「保育園の質」が劣化している。際どい保育行政...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード