2020年は、私にとっての「恋愛」をいま一度考えてみたい

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。昨年、きのコさんは恋人のひとりからモラハラを受けたり、ポリアモリーの身内争いに巻き込まれたりと、波乱万丈な1年を送ったようです。今回は、2019年の振り返りと、2020年の抱負を綴っていただきました。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

今年最初の記事ということで、今回は2019年を振り返ると共に、2020年の抱負を考えてみたいと思います。

恋人からモラハラ、誹謗中傷、ポリアモリーの身内争い…

2019年はとにかく波乱万丈な1年だったなぁ…という感じ。自分がバッシングやモラルハラスメントを受けたことで、表現の自由というテーマや、さまざまなハラスメント被害やそれに対するセカンドレイプの問題について、当事者意識をもってより深く考えるきっかけを得たと思っています。

たとえば、ポリアモリーの身内争い(?)をふっかけられて「フェイクポリアモリー」「セックス依存症」と揶揄されたりレペゼン地球のセクハラ偽装に対して署名活動をおこなったりする中では、「表現の自由とは何か?」「知名度のある人が”するべき/しないべき表現”というものがあるのか?」といったことについて考えさせられました。

また、パートナーIさんからのモラハラや、伊藤詩織さんから受けた取材と彼女にぶつけられた数多くのセカンドレイプを通して、「ハラスメントや暴力について訴えているのに、”個人間のトラブルに過ぎない”と矮小化されたり、“あなたも悪い”とセカンドレイプを受けてしまう」という問題に突き当たりました。そのことで、どうすればハラスメントのないコミュニケーションをとれるのか?という長年の問題意識が、より一段と強くなったと思います。

総じて、傷付きや痛みからの学びが多い年でした。

何より、ポリアモリーというパートナーシップのあり方がどんなに難しいものか、改めて思い知りました。「ポリアモリーのカップル間では、DVが起こりづらい」なんて記事を書いておきながら、まさか自分の身にモラハラが降りかかるとは…。

私がモラハラを受けたのは何もポリアモリーが原因ではなく、たとえIさんと1対1のお付き合いをしていたとしても遅かれ早かれ同じ結末を迎えていたとは思うのですが…とはいえ、「ポリアモリーという形でお付き合いしているのだから、お互いを尊重して対等に向き合えるはずだ」という、無邪気な思い込みが私の中にあったことは確かです。でもそういうコミュニケーションがとれない人がカップルの中にいると、当然ながらポリアモリーはうまくいかない(もちろんモノガミーでもうまくいかないとは思いますが)。

「ポリアモリーだから非暴力コミュニケーションがとれる」のではなく、あくまでも「非暴力コミュニケーションがとれるからポリアモリーができる」という順序で関係性が成立するのだということを、改めて意識したいと思います。「ポリアモリーは優れた人間だけが営める高度なパートナーシップだ」などと大上段に構えることもないと思いますが、だからといって「ポリアモリーは誰にでもできるよ!」と、安直に勧められるものでもありません。

ポリアモリーがモノガミーより偉いわけでも正しいわけでもない。ただ、ポリアモリーに向いている人、モノガミーに向いている人、浮気に向いている人、一途な恋愛に向いている人など、人それぞれに向き不向きがあるのだと思います。

何を今さら?と思われるかもしれないけれど

さて、2020年の抱負。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません