小麦粉いらず!発酵いらず!こねない!世界一簡単で美味しい!生米クイックブレッド

小麦粉いらず、発酵いらず、こねなくてOK、なのにふわふわ&もちもち!な生米からつくるクイックブレッド。発酵いらずなので作業開始から40分もかからずできちゃいます。朝、時間がない時でもささっとできちゃうので、すぐに焼きたてが食べたい!というときにオススメです。発売後たちまち重版!話題のパンレシピ『はじめての生米パン』より特別公開!

パンを焼くときには、通常、酵母やイーストなどを使いますが、これはベーキングパウダーでささっと作っちゃうお手軽レシピ。準備から40分あれば焼きあがるので、朝ごはんにもおやつにもぴったりです。

クイックブレッド


学校から帰ってきておなかをすかせた娘にもすぐ食べさせてあげられて便利です。

<材料>

1/3斤食パン型(16.5×6.2×6 ㎝ ) 1台分

A
 ● 米 … 115g(浸水済150g )
 ● 油 … 20g(大さじ1 1/2)
 ● メープルシロップ*1 … 8 g(小さじ1)
 ● レモン汁 … 5 g(小さじ1)
 ● 塩 … 2 g(小さじ1/2弱)
 ● 水 … 70g

● ベーキングパウダー … 4 g

*1:または砂糖5 g +水5 g


<つくり方>


軽く洗った米をボウルに入れ、水カップ1程度(分量外)を加えて2時間(冬場は3時間以上浸す。
*心配な人は冷蔵庫で。2日に一度水を換えれば、冷蔵庫で~5日は保存可能。夏場は2~3日で使いきって。

2
米をざるにあげ、数回ざるを上下させてしっかりと水けを切る。
*水けが残っていると生地が柔らかくなり過ぎるので注意。また乾きやすいのでミキサーに入れる直前に水けを切る。

3
型にオーブンシートを敷く。オーブンを180℃に予熱する。

4
Aをすべてミキサーに入れ、ミキサーで30秒程度回しては止める動作を3~5回ほどくり返す。途中、ミキサーの壁面に飛び散った生地を、ゴムベラでこそぎ落として全体を均等に攪拌する。

5
ざらつきがなくなったらOK。
*ザラつきや水っぽさがあるときは米が十分に細かくなっていない証拠。とろりとなめらかになるまで混ぜる。

6
生地をボウルに取り出し、ベーキングパウダーを加えてゴムべらで手早く混ぜる。
* 次の7で型に生地を流し込む際に手早く作業できるように、生地をボウルに移してから混ぜる。ゆっくり行うとふくらみが悪くなる。

7
型に生地を流し込み、表面全体に行きわたるくらいの霧を吹いてから、オーブンで30分、こんがり焼き色がつくまで焼く。


朝ごはんに生米パンと相性抜群なのが、カリフラワーのスープです。寒い朝に体が温まって、1日元気に過ごせます。

カリフラワーのスープ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売後たちまち重版!話題のパンレシピ

この連載について

初回を読む
世界初の大発明!はじめての生米パン

リト史織

パン業界で話題騒然! 家にある生のお米と材料をそのままミキサーに入れて3分でできちゃうという画期的なパンです。米粉パンより簡単でヘルシー、しかももちもち&ふわふわで美味しい! すべて植物性素材を使用しており、グルテンフリーで、アレル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません