コンビニ地獄

福岡のディスカウントストア「トライアル」が崩す四つの常識〈前編〉

【リテールAIにメーカーや小売業も熱視線】
かつて、データとITを活用した先端の小売業の代表だったコンビニ。だが今やその人海戦術と経験と勘に頼った運営は限界にある。解決の糸口になりそうなのが、リテールAIだ。


Photo by Y.S.

 福岡市に本社を置き、九州を中心に全国約200店舗を展開するトライアル。地元の買い物客にとっては激安型のディスカウントストアだが、小売業界では「国内で最も進んだリテールAI技術を持つ企業」として知られる。

 小売業向けシステムを開発するIT企業として1984年に創業し、「ITで小売りを変える」(永田久男会長)ために小売業に参入。米ウォルマートのモデルを取り入れ出店を拡大してきた異色企業だ。トライアルが覆した小売業界の数々の常識。そこには、コンビニ問題への解決の糸口が隠れている。

【常識1】
店舗運営は人力・経験・勘頼り ▶ AI投入でもっと効率化できる

 2018年8月。福岡市にあるトライアルアイランドシティ店の生理用品売り場で、ある実験が行われていた。ユニ・チャームと共同で実施した実験の目的は、「商品補充が少なく、かつ売り上げを伸ばす売り場づくり」だ。

 POS(販売時点情報管理)データを基に、売れない商品を売り場から取り除き、売れる商品だけを残す、ということはコンビニなどでもよく行われる手法である。

 だが、単純に売れ筋の売り場を増やすだけでは、店舗はうまく回らない。限られた面積の売り場に何をどのくらいそろえるかは、結局のところ、発注を担当する店員や本部社員の経験と勘に基づいて行われるのが実態だ。

 予想が外れると欠品や売り場での頻繁な補充作業が、余った場合は廃棄ロスが発生する。

 この実験では、過去の顧客ごとの購買データ(ID-POS)を使い、現在棚に並んでいる商品の中で、カットしても他商品で代替できるものをAI(人工知能)で絞り込んだ。

 ここにはアマゾンでお薦め商品を提案するときに使われるのと同じ、「協調フィルタリング」と呼ばれる手法が使われている。

 さらに、売り場に設置したAIカメラを使い、店頭での品物の実際の動きを1時間ごとに定点撮影して、リアルタイムに近い形で欠品状態を把握。絞り込み前と後で状況を検証した。

 結果は驚くべきものだった。実験ではSKU(最小在庫管理単位数)を23%も減らしたにもかかわらず、売り上げは実験前の3%増。利益も9%上がった。さらに、2.3%だった欠品率が0.35%へと改善した。

 前回に登場したレジカートも売り場の改善で活躍している。調べるのは、購買データからは把握することができない、店内を動き回る顧客の動線だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/1号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-05-27

この連載について

初回を読む
コンビニ地獄

週刊ダイヤモンド

「開いててよかった」のキャッチコピーで約40年前に誕生したコンビニ。今や全国5.5万店、11兆円市場へと膨れ上がった。急成長の裏側で、現場を支える加盟店の負担は限界に達し、24時間営業の見直しが迫られている。コンビニ業界が抱える構造的...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード