コンビニ地獄

オーナー匿名座談会】バイト不足、過酷な要求、ドミナント…本部はオレたちの声を聞け!

加盟店オーナーの負担がにわかにクローズアップされたことで、本部はさまざまな軽減策を打ち出した。だが、オーナーの不満はまだまだ渦巻いている。彼らの本音を聞いてみよう。

──コンビニ加盟店の負担がかつてないほどクローズアップされています。皆さんは何を負担に感じ、本部の対応をどう思っているか聞かせてください。

A氏 2019年4月に就任したセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)の永松文彦社長は、「既存店への投資を強化し、新規出店を抑制する」と記者会見で発言しました。ところがその1週間後ぐらいに、本部社員が私の店に来て、「近隣の2カ所で、新たな出店を考えている」と言ったんです。

B氏 いわゆる「ドミナント方式」(特定のエリアへの集中出店)ですね。

A氏 ええ。過去にも周辺で2店舗、セブンに出店されて、月の売り上げが10万円ほど下がりました。今回の出店についても、本部から納得のいく説明はありません。住宅ローンを抱えていて、大学生の息子もいるので不安です。

B氏 私もかつて、開店して3年目に本部社員から「利益が出ているし、法人化されたらどうですか?」と勧められ、社会保険にも入ったんですけど、その途端にセブンにドミナントされた。すぐに赤字になって3年間我慢したけれど、あと数カ月で厚生年金の加入期間が20年になるのに、諦めて再び個人経営に戻しました。人生設計が狂いましたね。

──ドミナント方式が加盟店の経営に打撃を与えるのですね。

C氏 ええ、ファミリーマートでもドミナントはやりますよ。私は数百メートル先にファミマに出店されて、50万円はあった日販が35万円に一気に落ちた。この店のオーナーに会ったら「日販が25万円しかない」と言っていて、彼もいわば被害者でした。数年後に撤退してしまいましたけどね。ローソンはどんな感じですか?

D氏 私の店がある繁華街に近い住宅密集地では、ローソンだけではなく、セブン、ファミマとイオンのミニスーパー「まいばすけっと」が入り乱れて出店攻勢をかけ合っている状況が、最近ようやく落ち着きました。ですが、4チェーンで客や従業員の奪い合いは続いています。ローソンは、1人のオーナーに複数の店を経営することを勧めています。ただし、売り上げが低くオーナーが辞めたらしい店を、本部から「経営しませんか?」と言われることがありますね(苦笑)。

B氏 それは苦しい(笑)。

今なお続くドミナント
人手不足で恐怖の従業員ドタキャン

C氏 ファミマは、最近は新規出店を抑制しています。ですが都心では、かつて合併したサークルKサンクスやampmから看板替えしたファミマの店舗同士で競合して苦しんでいるオーナーが多いと聞きますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/1号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-05-27

この連載について

初回を読む
コンビニ地獄

週刊ダイヤモンド

「開いててよかった」のキャッチコピーで約40年前に誕生したコンビニ。今や全国5.5万店、11兆円市場へと膨れ上がった。急成長の裏側で、現場を支える加盟店の負担は限界に達し、24時間営業の見直しが迫られている。コンビニ業界が抱える構造的...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード