超雑談力 

超雑談力】腹八分目が雑談マナー。「一般論ディフェンス」で話を終えろ!

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話せる。信頼関係が築ける。 超カンタンなコツをマスターして、一生モノの「雑談力」を身につけましょう。人気カウンセラー・五百田達成さんの『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』をcakesで特別連載!

雑談での悩みとしてよくあげられるのが、「話の切り上げ方」です。

つまり、思いの外、話が続いてしまったときです。


「上司との雑談の切り上げ時がわからない」

「ズケズケとプライベートに踏み込んだ質問をされた」

「話の流れで、行きたくもないゴルフに誘われてしまった」


たしかに、雑談の目的は、関係の構築です。

ですが、これはなにも深い関係を築くべきということではありません。ある程度距離を置きたい場合もあるでしょう。


◆雑談は腹八分で切り上げるのがマナー

一緒にとりとめもない話をすることで、安心感が生まれ、信頼関係が生まれる。雑談とは、まさに人間関係の「入り口」です。が、あくまで「入り口」に過ぎません。

所詮は雑談相手です。家族や恋人ではありません。上司や取引先が相手でも、会議や仕事の話は別途行うものですから、そこまでディープにつき合う必要はないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超雑談力 

五百田達成

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。 だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません