数学の正体

数学問答のあと、挨拶もそこそこに別々の帰り道を歩む翔太と詩織。

翔太は生まれて初めての、不思議な余韻を味わっていました。はたして、二人の再開はあるのでしょうか。

8

 日が落ちて薄暗くなったグランドを後にし、二人は校門まで一緒に歩いた。翔太にとって「未知との遭遇」と言っていい詩織との数時間の対話。苛立ちと戸惑いを感じつつも、刺激や学びのあるものだったことは認めざるを得なかった。

「日本の高校生活、楽しいか?」

「楽しくはありません」

「なぜ?」

「……」

「趣味とかないの?」

「……」

「まあいいか、そんなこと」

校門を出たところで立ち止まる。3秒ほどの沈黙。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinchan0922 数学って、いったいなんなのか? #論理ガール #桜井詩織 3日前 replyretweetfavorite