怒るより寛容になったほうが、合理的に考えて得なワケ。

社会の不寛容が問題になるなか、多様性と寛容の国・マレーシアに学びます。マレーシア人が寛容なのは、合理的に判断して、その方が自分の得になるから、と考えている面もあるようです。いったい寛容になると、どのような得があるのでしょうか?

先日、除夜の鐘が中止になったことを書いたのですが、「寛容さ」はこれからの社会の大きなポイントになるかもしれません。

さて、「寛容な国」として語られることも多いマレーシア。イスラムの国に、キリスト教徒やヒンズー教徒、仏教徒が住んで、お互いのクリスマスやディパバリなんかをお祝いしています。ある程度寛容でないと、やっていけません。

ところが、マレーシア人に寛容さについて聞くと、「マレーシア人は寛容ではない。合理的なだけ」という答えが返ってくることがあります。

マレーシアは移住先として人気のある国です。物価は安いし、住環境も良い。マレーシアに住みたがる外国人は多いのです。

しかし魅力はそれだけではないと、先日会ったとある華人の友人が言っていました。

例えば、マレーシアの前政権は汚職で糾弾されました。当時、政権に対して怒っている人が多数いました。デモも数多く起きました。

「でも、政治家に対して石を投げたりする人、マレーシアでは少なかったでしょう? ゼロとは言わないけど、他国に比べたら少ない。なぜだと思う?」

「私たちは、とても合理的に判断する。石を投げたり、ある民族についての排斥運動なんかしてたら、人々は安心して住めない。観光客には敬遠され、人が寄り付かなくなり、経済が停滞する。そしたら、困るのは自分たちでしょ。良い生活ができて、楽しく暮らせるのはどちらか?と判断する人が多い」

と。

これを聞いて私は驚いたのです。

同じ話、複数の華人から聞かされてきました。

つまり、長い目で見たときの「自分の得」を考えたら、怒りを発散することで得られるものは少ないでしょう、と。


政権交代の夜に「冷静になろう」と呼びかける人々
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mi33Nummereins https://t.co/32rXU5VltC 9ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni 日本で実名によるSNSが流行らないのは、合理的になれないからなのかなぁって 9ヶ月前 replyretweetfavorite

mkk_mkk_mkk_mkk 新年早々くさくさしてたんだけどこれからは与えるということを意識してみよう / 9ヶ月前 replyretweetfavorite