第2回 春

なかなか新入生が集まらない音浜高校合唱部。やきもきしている未来だが、そこへさらに部員減少の危機が?!
大ヒットボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズの第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』の一部を紹介します。シリーズ最新刊『Fire◎Flower』も発売中!


 放課後になり、いつものように基礎練習から部活が始まった。まずは腹筋からだ。
「はーい。じゃあ二人組になってー」
 この際、大体決まったメンバー同士が向かい合う。
「今日はあたしからやるね。鈴、足首おさえて」
「おっけー♪」
 鈴とめぐはいつもの位置で素早く基礎練を始めた。この二人は一年生の頃から、良きパートナーシップが出来あがっている。

 蓮と輝(コウ)はやはり同学年ということで、ペアを組むことが多い。
 だけど今日に限っては、輝が日直のため少し遅れて来るとのことで、蓮は教卓の隙間に足を入れ、一人で腹筋運動をしていた。
「二十七、二十八……っ、に…じゅう…く…っ」
「蓮、こっちが終わったらアタシがおさえよーか? そこで一人はきついでしょ。しっかり固定されないし」
「あー…。いや……大丈夫」
「そう……?」
「ああ。毎朝、鈴乗っけて坂道のぼってるだろ? あれ、何気にいい筋トレになっててさ。実は中学のときより、かなりカッコイイ腹筋になってるんだぜ?」
 触ってみるか? と蓮は鈴の腕を引っ張った。
「いいよ別に。蓮のそんなとこ、きょーみないし」
「そんなとことか言うな!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡

雨宮ひとみ /halyosy

「もしも、初音ミクが女子高生だったら・・・」で話題となったボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズ。第三弾として、スピンオフ作品『Fire◎Flower』が8月28日に発売されました。 それを記念して、シリーズ第2弾にあたる『桜ノ雨 僕ら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません