ノンケ男に愛されないならレズビアンにも愛されないですよね

今回、牧村さんのもとには「コミュ障、陰キャで2次元オタク、見た目はブス、地黒、貧乳」という女性からの相談が届きました。「こんな私でも生涯を共にできるような彼女を見つける方法はありますでしょうか?」と悩む相談者さんに対して、牧村さんはドラクエを引き合いに出しながら、優しくも力強いメッセージをおくります。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

国語の時間です。

今から、935文字……ちょうど冬休みの宿題の作文くらいかな? っていう分量の投稿文をあなたと読みたいと思います。早い人で1分、ゆっくり読んでも3分くらいだと思う。

で、作者の言いたいことを、あなたの言葉で要約してみてください。この投稿文を送ってくださった作者の方ご本人も含め、要約してみてください。

5文字に。

本当に言いたいことは、本当は、とっても短い。

今回ご紹介するのは、「コミュ障、陰キャで2次元オタク、見た目はブス、地黒、貧乳」とご自分でおっしゃる方からのご投稿です。

初めまして。まきむぅさんの文章が好きでcakesやnoteをよく読ませていただいてます。乱文ですが失礼します。

私は都内在住大学生のレズビアンです。男性経験、女性経験どちらもありません。一時期男もいけるかな?と思った時期もありましたが、今までずっと男性を好きになったことがなく、現在は完全に女性としかセックスしたい、付き合いたいとは思わないです。高校生の頃、初めて同性の親友を好きになりました。それまでは恋愛に興味がなく、全く縁がありませんでした。

小学生の頃は場面緘黙症気味で同級生(主に男子)から菌扱いされていました。中学生になると多少マシになりましたが、友達は少なく、だいたい1人でいました。たまにクラスメイトと話せると「あぁ、やっとまともな人間に近づけたかな。」と考えていました。

高校1年生になり、私の初恋の人に出会いました。初めて会った時はこの子かわいいな面白いな、ぐらいしか思ってませんでしたが、どんどん仲良くなるうちに、2年生の頃に初めて彼女への好意に気づきました。今でも彼女のことは好きですが、いい友達でいようと決めました。

彼女が欲しいという気持ちはありますが、出会いが少ないうえ、人見知りで初対面の人と話すのは得意ではないし、経験がないのでセクをどう言ったらいいかよくわからなかったり、自分に自信がなかったりで全く行動に移せませんでした。

お察しだと思いますが、私はいわゆる「喪女」です。コミュ障、陰キャで2次元オタク、見た目はブス、地黒、貧乳などいい所が見当たりません。モテないのも当然だと思います。醜いんだから身なりはちゃんとしなきゃと思い、大学進学をきっかけに化粧やおしゃれを覚えたりしたら、高校時代の同級生から「女らしくなった」「彼氏できたでしょ?」と言われるようになりました。素直に嬉しかったです。しかし、いくら見た目の雰囲気が良くなったとしても、男女問わず私に好意を寄せてくる人は居ませんでした。

レズビアンの方は女性のジャッジに厳しいとはよく聞きます。星の数ほどいるノンケの男にも相手にされない私は、レズビアンの世界でも相手にされないでしょう。

こんな私でも生涯を共にできるような彼女を見つける方法はありますでしょうか? 長文になり申し訳ありません。

(全文そのまま掲載しました)

はい。拝読いたしました。では、いっしょに要約しましょう。5文字で。

5文字ですよ。5音に絞る必要はないです。例を出すと、「卵かけご飯」は8音だけど5文字でしょ? こういう感じで、5文字に絞ってくださいね。

……

いいですか(5文字)?

……

(自分で考えてね)

……

(読者の方も、この投稿をお送りくださった方も、よ)

……

(わたし、あなたが本当に考えてくれるまで改行し続けるからね!!)

……

(国語だからね!!)

……

(作者の気持ちを考えて!!)

……

できたかな(5文字)?

じゃ、わたしの5文字要約を解答欄に記入しますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません