除夜の鐘が許せない人たちが伝える高齢化社会の真実

社会的な不寛容さが問題になるなか、多様性と寛容の国・マレーシアに学びます。今回は、除夜の鐘が苦情で中止に追い込まれたというニュースを受けて、分断が進む高齢化社会の現実について考えます。

最近冗談かと思った二つのニュースです。

今回は、一体なぜこんなことになるのか、考えてみました。


音が許せないのは、「音を出す人が許せない」から

「子供の声がうるさい」という苦情、子育てしている人には切実じゃないでしょうか。

日本で子育てしてみると、実際に、ボール遊びできる公園がめっきり減ったことに気づきます。
私たちが子供の頃、許されていたことが、禁止されてるのです。
「今の子たちはゲームばかりして」と言いますが、それには理由がある。

大声を出すことも禁止!と言われたら、子供はゲーム機を持って公園に集まり、静かに座って遊ぶしかなかったりする。

それにしても、ボール遊びの「音」が許せないと思うのはなぜか。

おそらく、「音を出す人たち」が「誰」なのかによるのではないかと。
つまり、相手に対する憎しみや嫉妬などの感情があるのかな、と思います。

この記事では、人口減少と高齢化により、高齢者が増えたこと、コミュニティが分断され、人々の距離感が広がったことを指摘しています。

普段から顔を合わせてないと、何かあったときに、相手のことをうるさいと感じる。逆に、顔をわかっている人がいれば、想像が働いてなんとなく、我慢できたりする。

かつての日本は子供が出す音も「まあいっか」で容認している時代があったのです。自分の身内にも子供がいればお互い様、となる。しかし、普段から子供が身近にいないと、その想像ができずイライラする。

それにしても伝統行事についても苦情が来るというのは驚きです。

「除夜の鐘」をついている人たち(または楽しんでいる人たち)への憎しみを募らせている人がいるのかな、と。


なぜ日本の高齢者は怒りっぽくなるのか

子供のボール遊びに苦情を寄せるのは主に高齢者が多いそうです。

欧米に比べて日本のお年寄りは、なぜか不機嫌なことが多いらしい。この記事によれば、

人は年を取るほど幸せを感じる人が増える。これは欧米などで顕著な傾向だが、日本では、まさにその逆。年代別の幸福度を追った調査では、先進国においては、幸せは若いころに高く、中年で低くなり、高齢になって再び上がるというまさにUカーブの傾向がある。17~85歳までの2万3000人を対象にしたロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの調査では、最も幸せなのは23歳と69歳だったそうだ。一方、日本では年を取るにつれ、幸福度が下がっていく。

なのだそうです。さらに高齢者側からの声も寄せられています。

朝日新聞の声欄では、「キレる高齢者が増えている」と指摘する若者の意見に対し、高齢者の立場からさまざまな意見が寄せられている。

「暇なんだ」「話し相手が欲しい」「自分にイライラしている」「私たちは一生懸命働き、そのおかげで日本は先進国入りをし、東京オリンピックまでやれた。お国のために働き続けてきた私たちの言動を大目に見てほしい」「昔のように3世代が一緒に暮らすことも、お寺で法話を聞いた後に他の信者と会話を楽しむことも少なくなった。人生に対する不安や不満を誰も本気で聞いてくれない。老年期は寂寥(せきりょう)感がつのるばかり」などといった声が集まった。

孤独でイライラしていて寂しいため、不寛容になる人が増える。また、高齢になると音に敏感になり、子供の声が辛いと言う人もいるようです。
これこそが、日本の高齢化社会の現実ってことなのかもしれません。


不思議な日本独特の「音世界」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uni_uni222 「除夜の鐘」をついている人たち(または楽しんでいる人たち)への憎しみを募らせている人がいる 10ヶ月前 replyretweetfavorite

uni_uni222 おそらく「音を出す人たち」が「誰」なのかによる。 つまり、相手に対する憎しみや嫉妬などの感情がある。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

uni_uni222 マレーシアでは、日本人のリタイア移住者がコンドミニアムに対し、「鳥の声がうるさい」と苦情を言った 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo レッドカードを出したい高齢者、凄い多い、なんであんなにカンカンに怒るのか、ほんともー、 10ヶ月前 replyretweetfavorite