わかる日本書紀

安らかな気持ちになったので地名は「安(やす)」【第14代②】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第2巻から、日本の正史を学ぶ連載。

神功皇后、神託を受ける。熊襲征討①

オキナガタラシヒメ(気長足姫尊=神功皇后※じんぐうこうごう)は、開化(かいか)天皇の曽孫・オキナガノスクネ(気長宿禰王)の娘です。
母はタカヌカヒメ(葛城高顙媛)といい、仲哀(ちゅうあい)二年に、皇后となりました。

幼少の頃から聡明で叡智に富み、容姿は壮麗で、父王も不審に思うほどでした。
仲哀九年二月、仲哀天皇は筑紫の橿日宮(かしひのみや)※1で亡くなりました。そのとき皇后は、天皇が神の教えに従わずに、早く亡くなったことを悼んで、その神が祟り神であることをよく理解して、宝の国を求めようと思いました。
そこで臣下たちに命じて、罪を祓(はら)い過ちを改めて、さらに斎宮を小山田邑(おやまだのむら)※2に造らせました。

三月一日、皇后は吉日を選んで斎宮に入り、自ら神主となり、タケウチノスクネに命じて琴を弾かせ※3イカツ(中臣烏賊津使主)※4を呼んで神託の意味を解かせる審神者(さにわ)※5としました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません