超雑談力 

超雑談力】年末年始、上司・義両親との会話は、「先生・生徒ロールプレイ」が鉄板

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話せる。信頼関係が築ける。 超カンタンなコツをマスターして、一生モノの「雑談力」を身につけましょう。人気カウンセラー・五百田達成さんの『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』をcakesで特別連載!

「目上の人」と話す機会が意外に多いのが、年末年始です。

忘年会・新年会で上司や先輩に囲まれる、取引先へ挨拶に行く、パートナーの実家で親戚の集まりへ顔を出す……。

知人や同僚、ご近所さんとの雑談よりもずっと気を使うという人が多いでしょう。

何を話せばいいかわからない、失礼があっちゃいけない。完全な無駄話もよくないだろうか、かといって、変に仕事の話もできない。これでは八方ふさがりです。

ですが、目上の人への雑談も、その他の雑談と基本的な仕組みは変わりません。会話のラリーを続けることで、人間関係を構築する。大事なのは、その過程であって中身ではない。これは同じです。

では、なぜ緊張してしまうのか。それは、そもそもの関係をはき違えているから。「雑談とは、仲のいい人と適当におしゃべりすること」という印象が抜けないから、おかしくなるのです。つまり、気を使う相手に対して、変に友達のようにフランクに接しようとするから、無理が生じるということ。

上司や取引先、義両親といった、自分よりも上の相手と、少しだけ距離を縮めつつも、かといって友達ではないという微妙な関係を築くのに、ちょうどよいフレームはないでしょうか?


◆「教えてください」がベストバランス

目上の人との雑談においては、背伸びをして対等に話すのではなく、シンプルに「相手からものを教わる」というスタンスこそが、正解となります。

相手だって、どういうスタンスで雑談したらいいかわからないでいます。だから、お互い会話がぎこちなくなる。

ですから、ここは率先して、「先生と生徒ロールプレイ」を始めましょう。

たとえば、「最近ちょっと悩んでることがあるんですけど」と、少しだけ自己開示をして、身の上相談をする。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超雑談力 

五百田達成

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。 だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ebisucareer 義両親との雑談がしんどいのには、理由がありました。 . 10ヶ月前 replyretweetfavorite