捨て本

堀江貴文が考える持ち家、子ども、育児、結婚

ホリエモンがこれまで、何を捨て、その先に残った、本当に大切なモノとは?自身の半生を振り返った経験を元に指南する、“持たない頼らない執着しない”新時代の「捨てる」生き方入門。堀江貴文の新著『捨て本』をcakesで特別連載!

<持ち家>

持ち家は安心感を軽く上まわるリスクだらけ。
長期のローンに固定資産税の支払い義務、近所に迷惑行為をする人が住む危険性、自然災害、経年劣化、火災、ライフスタイルの変化への対応のしづらさ……もう本当に住宅購入はリスクだらけだ。理想の家と出合い、何の不満もないというなら結構だが、根拠の曖昧な将来の安心感が理由なのであれば、まるで薦められない。何より「拠点の固定化」により、移動や行動、つまり人生における「選択の自由」にリミッターがかかってしまうという点が痛い。持ち家信仰は、いまのように変化の激しい時代には真っ先に捨てるべきだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

捨て本

堀江貴文
徳間書店
2019-07-30

この連載について

初回を読む
捨て本

堀江貴文

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。 大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。 だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

for_goodfor #SmartNews 「思考停止のレガシー」だ。 https://t.co/z6igSxzqS0 10ヶ月前 replyretweetfavorite

aoyossy 人生の選択肢を広げるという意味でなるほどと思いました。 #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite

ochi_taka_0311 ホリエモンの考え方って意外と納得できることが多いんだよな! 10ヶ月前 replyretweetfavorite

takahasi_n レガシーか #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite