たらの塩気と人参の甘みが絡み合う「たらとにんじんの軽やかクリームグラタン」

今回の馬田草織さんのレシピは、真冬のたら特集第二弾「たらとにんじんの軽やかクリームグラタン」をお届けいたします。にんじんと、そして中にたっぷり入ったパンがポイントのこの料理、一体どんな味なんでしょうか?

cakes読者のみなさま、こんにちは。

寒い冬に楽しめる、たらを使ったレシピシリーズ。今回はグラタンをご紹介します。くせのない白身魚のたらは牛乳やチーズなどの乳製品と相性がよく、これまでにもマヨネーズの酸味がきいた「ピポグラタン」や、「たらとほうれん草のクリームグラタン」などをご紹介していますが、今回はたらと同じぐらいにんじんが活躍する、ほんのり甘くて軽いグラタンです。細かく削ったにんじんの甘みやうま味が、ソースに奥行きをもたらします。

こんがり焼けたグラタンをスプーンですくうと、中からソースと一体化した柔らかいにんじんがチラ見えします。

ほら、分かりますか? たらの塩気と、にんじんの甘味が一緒になったソースです。そして、このグラタンの面白いところはもう一つ、食感が軽いということ。牛乳に浸して柔らかくしたパンを加えているから、ボリュームの割にぺろりといけちゃう。もちろん、これ1皿でつまみ兼夕飯にもなる。嬉しいじゃないですか!

ポルトガル語で「バカリャウ・エスピリチュアル」という名のこの料理は、起源がフランスのラングドックやプロヴァンスで古くから食べられているブランダードという料理にあり。そもそもブランダードは干しだらと牛乳、オリーブオイルを混ぜて作るペースト状の料理でしたが、現代ではじゃがいもやにんにくを加え、あるいは香ばしく焼き上げるなど、よりワインが進むレシピが多く見られます。ポルトガルではにんじんやパンが加えられ、今のレシピになった様子。同じ干しだらを使っても、国が違えばレシピも違う。ポルトガルのバージョンが白いご飯に合うような気がするのは、私の思い込みが強すぎるからなのか。でも、実際このグラタンは白飯ウェルカムです。

では、たらとにんじんを使ってパパっと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

真冬のたら特集②「たらとにんじんの軽やかクリームグラタン」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_chr0708 今月ずっとポルトガル料理 今日はこれ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yoshinon タラとチーズって合うよね。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

asyara28 ジャガイモじゃないんだな…。 https://t.co/BvZAuVQlqJ 5ヶ月前 replyretweetfavorite