軽やかに生きたい転職ガール。実は消耗しています。

学生時代、楽しそうなことは全部やった。その軽やかさは、29歳のいまも失われていない。雇ってくれる会社はあるし、コミュ力も高いのでどこに行っても楽しくやっていける。ただ、新しい出会いは山のようにあるが、仲間と呼べる人はいない。「そうだね、絆、ないね、私」。仕事から仕事、同僚から同僚、男から男へと渡り歩く彼女の本音とは。鈴木涼美『すべてを手にいれたってしあわせなわけじゃない』から特別連載。

仕事も彼氏もすぐ飽きる。

 彼女の社会人1年目は、インターネットの転職サイトにある、読み物やインタビューの企画を考える、とても楽しい仕事でスタートした。サイトの本丸である採用情報やクチコミ投稿に興味は持てなかったが、おまけ的なコンテンツは自由に企画できたし、比較的新しく小さい会社ならではの、新人でもガンガン会議に参加できる状況はありがたかった。

 学生時代、結構いろいろな経験はできた。インドも行ったし、アウシュビッツも行ったし、サークルのイベントで一日二人とセックスもした。キャバクラの体験入店荒らしもちょっとしてみたし、ガールズバーでバイトもしたし、キャンペーンガールでタバコを配るお姉さんもやった。企業のOLのようなアルバイトも期間限定でしたし、イベントコンパニオンは何回も経験した。飲み会は死ぬほど行って、恵比寿と麻布と青山の店に詳しくなった。

ただ、長く一つの部活やサークル、バイトやゼミに入れ込んだわけではないので、一生の友というほど仲が良くなった友人はいないし、一番長く付き合った彼氏とも1年ちょっとで別れた

「スポーツ漫画読んだ時くらいは、なんか一個くらい一生の趣味とか一生の仲間との思い出とかあった方が楽しそうとは思うけど、別に普通だよね? 大体みんなこんなもんじゃない?

 彼女の言葉通り、別に私も学生時代をラグビーに捧げたりしていないし、多くの人がそうだと思う。そもそも大学という場所が人生のお試し期間であるならば、彼女のような、ものすごく入れ込むものはなくとも結構多忙にいろいろやってみる、という選択は大変に正しい

そして彼女もまた、スポーツ漫画を読んでいる最中以外はそういった性質を恥じることなく、誇り高くごちゃまぜの大学を卒業した。

 社会人になった頃、転職サイトの企画では、アパレル会社の社長にも会ったし、元芸能人の営業マンにも会ったし、企画でお世話になったライターさんとセックスもしてちょっと付き合った。ただ、やはり会社の規模が小さく、サイトの性格上、彼女が夢見るほどの大きな企画は非現実的で、読者の反応やバズり方も小さかった。1年間は楽しく仕事をしたが、2年目に入って早々に、自分が他社の転職サイトばかり見るようになる。

「IT系だし中小規模だったら、人の定着は本当に悪いから、私真面目に働いてたし、簡単に辞めますっていうのは残念がられたけど、でも別にニュースとしては大したことない感じ。次の会社がいい会社だったし、しょうがないねーみたいな。すっごく仲良しの人はいないけど、ご飯とか何回か行ったことある先輩とは、辞めた後も二回くらい会ったよ」

 二回くらい会った後、結局会わなくなったが、SNSで繋がっているせいか、別に疎遠になったという感じはしないらしい。二つ目の会社はウェブコンテンツをいくつも持っているメディアで、契約社員として採用された。

 今までで一番長く勤めたのはその二つ目の会社だった。ウェブメディアの編集部で、少人数だったため、記事も書いたし取材もした。給料は以前勤めていた会社より良かったし、一人だけ無能で厚かましい社員がいること以外は人間関係も悪くなかった。一つ年上の男性社員と付き合って、彼女の住んでいた中野坂上のマンションで半同棲状態になった。

「正社員にこだわりないし、普通にお給料ちゃんともらってたし、サイト運営色が強いところより、編集の仕事の方が楽しいって思った。でも大きい会社だから正社員は多分なれないし、やっぱり正規の編集者さんたちがいて、アシスタントだから、なんかバイトっぽい気分が抜けなくて、彼氏と別れようと思ったタイミングで、会社辞めちゃおっかなーとか思ったんだよね」

 タイミングよく、知り合いの知り合いがいる会社の条件の良い募集があったため、面接を受けたら一発で採用となった。占いアプリのライター採用だったが、何より仕事時間が完全フレックスで、慣れれば自宅勤務可能、というのが理想的な気がした。ただ、占い記事をかなり適当に書く、というライター仕事は性に合わなかったため、3ヶ月もすると次の仕事を探すことにしか興味はなくなっていた。

ふわふわしているという自覚はあるけど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女の人生の裏と表。生き抜くヒントが見つかる痛快エッセイ!

この連載について

初回を読む
A子とB美、どっちが幸せ?

鈴木涼美

自分が選んだ道なのに、いつも他人がしあわせに見えるのはなぜ? 恋愛、結婚、キャリア、子作り、不倫……。同じ土俵にA子とB美を並べてみれば、それぞれの思惑と事情と価値観が、浮き彫りになって見えてくる。女たちのリアルな本音対決、あなたはど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません