どうして「自分の恋愛対象の性別はこれだ」って確信できるの

今回、牧村さんのもとには、「自分は女しか愛せないのだという確信はどこから生まれたのですか」という質問が届きました。質問者の女性は、恋愛対象が男性ではあるものの、「ぼんやりと将来女性と恋に落ちたり一生を共にすることもあるかもしれない」と思っているのだそう。牧村さんは、中原中也の詩の一節を引き合いに出しながら、確信を持つ必要なんてないことを伝えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「あゝ、家が建つ家が建つ。
 僕の家ではないけれど。」

中原中也の詩の一節です。

「なんかみんななんでこんなちゃんとした感じにできるんだろう?」

って、自分、思うことがあって。それは例えば、それこそ、「○○様邸宅新築工事」って書いてある看板前を通り過ぎる時とか、同じポテチを分け合ってる友達が「最近イデコやってて〜。そう、イデコ、イデコ。個人型確定拠出年金iDeCo(パリポリ)」ってやってる時とか、なんですけど。

こういう時の「なんかみんなちゃんとしてるのに俺にはできないなぁ」感のことを、中原中也にちなんで……「あゝ、家が建つ家が建つ。僕の家ではないけれど。」っていう感じにちなんで、「中也感」って、呼んでます。

で、この「中也感」わき起こりやすいシーンの一つが、愛とか恋とか、の話してるとこだと思うんです。

「みんななんでそんな確信してるんだろう。自分が誰を好きなのか。自分が一体何者なのか。愛って、一体なんなのか。なんかなんでみんなこんなわかってる感じなんだろう?」

……今回ご紹介するのは、「自分は異性愛者の女性だけれど、女性同士で人生を過ごしたら心が踊るのではないかという思いもある」とおっしゃる方からのご投稿です。

女を愛する牧村さんへ質問です。自分は女しか愛せないのだという確信はどこから生まれたのですか。 私は女で男性が恋愛対象の異性愛者ですが、ぼんやりと将来女性と恋に落ちたり一生を共にすることもあるかもしれないと思っています。永遠不変の価値観など存在しないし、基本的に女同士の方が一緒にいて気が楽なことが多いので、素敵な女性と過ごす人生は男性と過ごす人生よりも心が踊るのではないかという思いがあるのです。 牧村さんは自分の恋愛対象は女だと確信していると私は感じました。そのような、ある種自分は自分のことを理解している、自分の感覚を正しく認識しているのだという自信はどこからやってくるのですか。
(全文そのまま掲載しました)

ないです。

や〜、わたしには、愛する人はいますよ。この人を知りたい、この人を感じたい、この人を見ていたい、この人が生きていく道を見守りたい、つまずいたなら手を貸したい、って、思う人はいますよ。そしてその人は、世にいう、女性ですよ。

だけれどそれはなんていうのか、ハートの奥にともる熱です。そういう「自分は自分のことを理解している、自分の感覚を正しく認識しているのだ」みたいな、大脳皮質〜! っていう論理ではないんです。

ちょっと昔の牧村朝子が書いたものだと、「レズビアンとして」とか「女を愛する女として」語ります!みたいな感じ出てるかもしれないです。この連載が始まった2014年くらいは、そういうこと言ってると思います。けれどそれは、「今まで言えなかったことがやっと言えた」という喜びと、「わかりやすくご説明申し上げなければ」という職業的義務感によるものだったと思うのです。ごめんね。決して「確信」があったわけじゃないんだ。「確信」があるように見せなければ、信じてもらえない、どうせまた「売名レズ」とか「まだいい男と出会ってないだけ」とか言われるんだ、って思ってたからなんだ。いないことにされないためには、似たような人でまとまってチーム名を名乗らないとしょうがなかったんだよね。似たようなことで悩む人に本や記事を届けるためには、やっぱり、そのチームに向けてさ、そのチーム名で行くしかなかったんだよね。

わたし自身、「交際経験は男性としかないけれど女性に惹かれるなあ」という状態だった時は、ご投稿者の方のような……わたしの言葉で呼ぶところの“中也感”めっちゃ味わってました。あゝ家が建つ家が建つ。僕の家ではないけれど。みんな「レズビアンです!」とか「パンセクシャルです!」とか、カタカナの難しい表札をおうちに出して立派なしっかりしたお家に住んで村を作ってていいなあ。僕は。僕は……。あゝ家が建つ家が建つ。僕の家ではないけれど。

で、そんなふうに「レズビアン」とか「LGBT」とかそういう言葉をみんなが名乗るようになったのはどういう経緯なんだろう、と、LGBT社会運動の発祥地であるアメリカに取材に行きまして。グリニッジ・ヴィレッジとか、ウエストハリウッドっていう、人んちのベランダからその辺のクリーニング屋までみんなLGBT社会運動のシンボルであるレインボーフラッグを掲げているようなLGBT村を歩き回りまして。住民にこう聞いたんですよ。

「どうしてこういうLGBT村に住もうと思ったんですか?」

こう返ってきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marumi3 この回の言葉のあちこちに大きくうなずいている→ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kodahira あ!これ!ぼくも「ないです。」だな、文学部卒文芸おたく的義… https://t.co/fxuKLCJfUL 2ヶ月前 replyretweetfavorite

karuyaki1219 強い事と強くありたい事は結構違う 2ヶ月前 replyretweetfavorite