嫌われる勇気

第五夜 vol.4 青年は荒ぶる。「そ、それが幸福の定義ですって!?」

前回の終盤、「自分を行為のレベルで受け入れるのか、それとも存在のレベルで受け入れるか。これはまさに『幸せになる勇気』に関わってくる問題である」と言い放った哲人。『幸せになる勇気』という言葉の意味とは? ついに、哲人が考えるとんでもない「幸福の定義」が飛び出します。

幸福の定義とは

青年 ……幸せになる勇気。では、その〝勇気〟のあり方について聞きましょう。

哲人 ええ、大事なところです。

青年 先生は「すべての悩みは対人関係の悩みである」とおっしゃる。裏を返せば、われわれの幸福もまた、対人関係のなかにあるのだ、と。しかしわたしには、このあたりがまだ納得できません。
 人間にとっての幸福とは、たかだか「良好な対人関係」にあるのでしょうか? つまりわれわれの生とは、そんなにちっぽけな安息や喜びのために存在しているのでしょうか?

哲人 あなたの問題意識はよくわかります。わたしがはじめてアドラー心理学の講演に出席したとき、講師を務めていたオスカー・クリステンセン—彼はアドラーの孫弟子に当たる人物です—が、次のように語りました。「今日わたしの話を聞いた人は、いまこの瞬間から幸福になることができます。しかし、そうでない人は、いつまでも幸福になることができません」と。

青年 なんと! まるで詐欺師の物言いじゃありませんか! まさか先生、あなたはそんなペテンに引っかかったのですか?

哲人 人間にとっての幸福とはなにか。これは哲学が一貫して問い続けてきたテーマのひとつになります。それまでわたしは、心理学など哲学の一分野にすぎないとの理由から、心理学全般にほとんど関心を寄せていませんでした。そして哲学の徒として、「幸福とはなにか」について、自分なりの考えをめぐらせていました。クリステンセンの言葉を聞いたとき、わたしが若干の反発を感じたことは、認めないわけにはいきません。
 しかし、反発と同時に気づかされたのです。たしかにわたしは幸福の正体について、深く考えてきた。答えを探し求めてきた。けれども、「自分がどうやって幸福になるか?」については、必ずしも深く考えてこなかった。わたしは哲学の徒でありながら、幸福でなかったのかもしれない、と。

青年 なるほど。先生とアドラー心理学の出会いは、違和感から始まったのですね?

哲人 ええ。

青年 では、聞きましょう。先生は結局、幸福になれたのですか?

哲人 もちろん。

青年 なぜそう断言できるのです?

哲人 人間にとって最大の不幸は、自分を好きになれないことです。この現実に対して、アドラーはきわめてシンプルな回答を用意しました。すなわち、「わたしは共同体にとって有益である」「わたしは誰かの役に立っている」という思いだけが、自らに価値があることを実感させてくれるのだと。

青年 先ほどお話のあった他者貢献ですね?

哲人 ええ。そしてここが大切なのですが、この場合の他者貢献とは、目に見える貢献でなくともかまわないのです。

青年 目に見える貢献でなくともかまわない?

哲人 あなたの貢献が役立っているかどうかを判断するのは、あなたではありません。それは他者の課題であって、あなたが介入できる問題ではない。ほんとうに貢献できたかどうかなど、原理的にわかりえない。つまり他者貢献していくときのわれわれは、たとえ目に見える貢献でなくとも、「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚を、すなわち「貢献感」を持てれば、それでいいのです。

青年 ちょっと待ってください! だとすれば、先生の考える幸福とは……。

哲人 もうあなたもお気づきですよね? すなわち「幸福とは、貢献感である」。それが幸福の定義です。

青年 し、しかし、それは……!

哲人 どうされました?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嫌われる勇気

岸見一郎 /古賀史健

「世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる」――古都のはずれに、そんな持論を語る哲学者が住んでいました。人間関係に苦悩し、人生の意味に悩む「青年」は、到底納得することができず、その真意を確かめるべく哲学者(哲人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fusen_umiushi 「他者からの承認は、いりません。」かっこいい。 4年以上前 replyretweetfavorite

itsumichi_ この連載ほんと面白い。cakesで一番好き!!本でたら買おう〜 4年以上前 replyretweetfavorite

gekkosou [今なら無料!] 4年以上前 replyretweetfavorite

fumiken 【嫌われる勇気】いよいよ哲人がアドラー心理学的な観点から見た「幸福」の定義を口にします!⇒[今なら無料!] 4年以上前 replyretweetfavorite