苦労した人は、人生の波乗り上手

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

苦労した人は、人生の波乗り上手

 落ち込みがひどいときは、「自分は役に立たない存在だ」という思いも生まれます。今まさに、そう思っている人もいるかもしれませんね。
 でも、絶対にそんなことはありません。本当に役に立たない人などいません。そこを忘れてはいけないのです。
 弱いときを過ごしたあなたには、弱ったときの過ごし方がわかっています。そうするとあなた自身のマニュアルがつくれます。
 もしかしたらこの先、何かの病気になるかもしれないし、老人になれば身体が衰えてきたりします。人生のいろいろな時期に落ち込みはやってきます。そのときに、「なんとか乗り越えた」という経験があると、それによって人生の波乗りが上手になっていくわけです。
 ですから、自分と向き合っていない人よりも、苦労の仕方がすごく上手になっているはずなのです。人の役にも立ち、自分の将来の役にも立ち、こんなラッキーなことはないのです。
 弱いあなただからこそ、落ち込んだあなただからこそできることがたくさんあります。だから、それはラッキーだと思いましょう。

「言い換え」の習慣であなたの強みはどんどん増える

 自分の弱みは、強みに変えることができます。「自分にこういうところがあったからこそ、こういうことがわかった」と言えるからです。
 私は「言い換え辞典」が作れそうだと思うくらい、どんな人のネガティブな話もポジティブに変える自信があります。
「私、気弱でいつもビクビクしているんです」
「それって慎重っていうことじゃないの?」
 第2章の、いろいろな弱みを持つ人の長所について語った部分は、そんな日頃のクライアントさんとのやり取りが元になっています。
 弱さと向き合えば向き合っただけ、それは強みに変えることができるのです。言い換えしなくても、向き合うだけで十分なのですが、言い換えができるようになるともっと楽しくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomimonocom 「弱いあなただからこそ、落ち込んだあなただからこそできることがたくさんあります。」 元自衛隊の臨床心理士・玉川真里さんの連載「イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ」 第41回「」を公開! https://t.co/zi9osem1Xu 9ヶ月前 replyretweetfavorite