一番大事なのは「今、ここ」の感覚

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

一番大事なのは「今、ここ」の感覚

 イヤな気分のとき、うつ状態のときには、自責感がとても強くなります。
「誰かから求められていることができない自分」「こうあるべきなのにできない自分」を責めてしまいます。他者評価で自分を苦しめているのです。
「私はどうしてできないの?」ではなく、「やるか、やらないか」という方向に行かないと、他者思考から脱け出すことはできません。
 そして、うつ状態であればあるほど、何かをしようとするのをやめて、「何もしない」という決断をしてください。
 何もしないのは難しい、それでも目指してほしいのです。
 何もしないでずっと寝ている。天井だけを見て、動かない。眠ろうと思わない。そうすると、自分が本当にしたいことがわかってきます。おいしいものを食べたいのか、背中をかきたいのか、遊びに出たいのか、友だちに会いたいのか。どれがほんとうにやりたいことなのかがわかるのです。
 かつて私は精神科閉鎖病棟に入って、持ち物も全部取り上げられて缶詰め状態になって、同じ体験をしました。
 何もしてはいけないと言われるからこそ、「どうしてもこれだけは捨てられない」という、やりたいことに気づくのです。
 繰り返しますが、命軸で考えるとほとんどがどうでもいいことです。
「これはどうでもいい、これも重要ではない」と仕分けして、仕分けして、「どう生きるか、自分はどうやって生きたいのか」というところにたどり着くのです。
 そのとき、先を心配したり過去を悔やんだりすることから解放されます。
「何のために今、私はここにいるのか」「今、この私にできることは何なのか」という、一番大事な「今、ここ」の感覚になっていくのです。

「行き着くところまでやってあきらめる」でもOK

「休まないで、とことんやる」という決断も悪くありません。そういう決断をして、潰れるまでやってみるのもひとつの方法です。
 私はそれを「泳がせる」と言っているのですが、苦しくても休めない人が実際にいます。休めない人は「何もしない」ということがわからないし、想像できないのです。だから「いいです、倒れるまでやってください」と受け入れます。
 これは上司にも言っておきます。「きっと倒れますので、そのとき、ピックアップしましょう。今は泳がせましょう」と言っておくのです。
 そうしないと、本人にあきらめがつかないからです。
 もっと頑張れるのではないか、もっといい方法があるのではないか、魔法使いが出てくるのではないか。休めない人はそんなふうに考えてしまうのです。
 でも、この世界では魔法が使えません。自分が動かなければ何もできないし、自分には限界があるのだと実感したとき、やっとあきらめがつくのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません