期間限定の現実逃避は「アリ」

北海道旅行ではじめて「他者」の目から逃れた。
ずっと他者評価のために生きてきた田村麻美が見出した、新しい価値観とはなんだったのか。

期間限定の現実逃避は「アリ」

26歳女一人旅。  
運よく怖い思いはしなかった。日中、明るいうちに車を走らせ、夕方には宿に入るという生活をしていたのもある。

仙鳳趾では、無料で牡蠣を食べさせてもらった。

富良野では茨城出身のシンガーソングライター、ジョニーさんのライブも見た。  
ギター1本で熱い歌を歌ってくれました。

旅に出る理由を聞かれて、家族や友人には「何か大きなことがしたい」と言っていた。

でもそれは表向きの理由で、本当はただの現実逃避。  現実から逃げまくって、旅に出た。  でも、逃げてよかった。

北海道旅行で、いろいろな生き方があるんだということに気づかされた。

この旅に出なかったら、一生気づくことができなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

笑いながらマーケティング用語が学べる!(ちょっとだけね)

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード