Googleレビュー1.9点の宿に泊まったら、ツッコミどころ満載だった

予想を裏切る展開と、伏線を見事に回収するエッセイが人気の岡田悠さんに、「旅」をテーマに綴っていただくこの連載。今回、岡田さんは旅先で宿をなかなか見つけられず、口コミが散々な場所に泊まることに。戦々恐々としながらドアを開けるとーー?

島についた。とある島である。宿をとっていない。島にいくことは元々決まっていたけど、飛行機だけ手配して宿のことをすっかり忘れていた。国内旅行だから大丈夫だろうと舐めていたら、どこもかしこも予約でいっぱいだ。浜辺で寝るには寒い季節である。

片っ端から電話をかけては断られる。別に連休でもシーズンでもない。僕は泳げない上、釣りもできないし、そもそも日光が苦手なので島の経験が乏しい。だから知らなかった。島というものはこんなに人気があるのか。

コールセンターみたくひたすらダイヤルを回し続けたその先に、ようやく一軒だけ空いている部屋が見つかった。値段も場所も確かめず、脊髄反射で予約をとる。これで凍死は免れた。

空港のタクシーに乗り込み、ベテランと思しき運転手に行き先を告げる。運転手は宿名をさっぱり知らない。そこで初めてGoogleマップで場所を確認してみると、空港や街中、観光スポットのいずれからも遠く離れた山中にその宿はあった。

「ここでいいんかね?」

Googleマップを見せると、運転手は眉間に皺を寄せた。宿はここしか空いてないのだから、はいと答えるしかない。こんなとこに道があったかなあとぼやきながら、運転手はアクセルを踏んだ。車が加速していくにつれて、僕の不安も膨らんでいく。そうしてもう一度Googleマップを眺めたところ、思わず息を飲んだ。

レビュー:1.9 ★★☆☆☆

最近のGoogleマップにはいろいろなスポットにレビューがついていて、割と信頼がおけると感じている。そのレビューが、5点満点でまさかの1.9点。そんな点数を見たのは初めてだ。疑問が頭を駆け巡る。システム的にありうるのか?いやシステムが許したとしても、倫理的にありえるのか?どんなに悪い経験をしたって、僕がレビューでつけるのはせいぜい2点だ。1.9ということは、最低点をつけた人々が少なからずいるということである。飲食店ならわからないでもないが、そんな宿が日本に存在しているのだろうか。

恐る恐るレビューの中身をのぞいてみると、そこには驚きの文言が並んでいた。

「旅行の楽しみを打ち砕く佇まいに恐怖」

「人生で一番ヒドイ宿でした」

戦慄する文章である。

読み進めていくうちのその内容はどんどんエスカレートしていって、

「危険地帯」

レビューというよりはもはや警告の域に達している。「危険地帯」という表現が使われた宿があっただろうか。宿とは本来、旅の疲れを癒し、危険から身を守るための場所なのに。

なぜここまで辛辣な意見が並んでいるのか?何が人をここまで恐怖させるのか?色々と理由はあるようだが、1つはとにかく虫が多いらしい。

「虫の死骸がついた布団と、虫が縦横無尽に駆け巡るこの世の果て」

実に詩的な文章である。地獄を描写する機会があったら引用したい。

「たまに管理人がものを取り出しに(部屋に)入ってくる」

こういう記述も見つかって、建物だけではなく管理人もただならぬ人物であることがわかる。

一通りのレビューを読み、さあ東京に引き返そうとしたところでタクシーが大きく揺れた。いつの間にか険しい山道に入り込んでいる。ドライバーは肩をいからせてどうにかハンドルをコントロールしようと必死だ。その形相に、ここで引き返してくださいとはどうしても言えない。そうこうしているうちに、車はこの世の果てへと進んでいったのである。



生い茂った森の中に、突然白壁の建物がぬっと現れた。これが件の宿である。ボロボロの掘っ建て小屋みたいなのを想像していたが、少なくとも外観はそこまで荒れ果ててはいない。強いて言えば建物が4分の1茂みの中に沈んでいるくらいである。

タクシーの運転手は「頑張りな」と言い残して山道を駆け下りていった。もう後戻りはできない。

恐る恐る中に入ると、受付に40代くらいとおぼしき男性がいた。これが噂の管理人であろう。一見すると、勝手に部屋へ入ってくるような人物には見えない。いたって普通の宿の人という感じがする。管理人はこちらが身構えていることを知ってか知らずか、飄々とした様子で宿の設備を説明する。ロケーション以外、ここまではごく一般的な民宿である。これはますます部屋自体への期待が高まってくる。

しかし管理人に案内された部屋は、決して豪華とは言えないまでも、少なくとも清潔そうであった。部屋の設備も値段相応といったところで、この世の果てや危険地帯といったワードは似つかわしくない。7時になったら夕飯ですと告げて、そのまま管理人はいなくなった。

部屋に取り残された僕は、窓から外を眺める。山道をひたすら登ってきただけあって、なかなかの景色である。だが僕の心にはぽっかりと穴が空いたようで、素直にその眺めを楽しむことができない。

なんだろう。

不満はないんだけど、なんか拍子抜けである。

そうだ、布団。ここが伏魔殿かもしれない。深呼吸をして、思い切って布団を剥がしてみると虫は1匹もいない。僕は虫が苦手だが、あれだけレビューで脅された手前、ちょっとくらい出てくれてもいいのにと思う。

虫もいなければ、狂った管理人もいない。これでは話が違うではないか。ただ強いて言うならば、何かこの部屋全体に小さな違和感がある。それは間違い探しのようで、よくよく部屋を見渡してみると、おかしな点がいくつかあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
旅と思えばそれは旅だ

岡田悠

「経済制裁下のイランに行ったら色々すごかった」「近所の寿司屋のクーポンを記録し続けて3年が経った」で話題の岡田悠さんによる書き下ろしエッセイ!この連載では、「旅」をテーマに綴っていただきます。予想を裏切る展開と見事な伏線回収をお楽しみ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

goublack 昨日読んだcakesの記事。すごく笑えて、ほっこりしました(^^) https://t.co/hDTd78BNKP 6ヶ月前 replyretweetfavorite

itoken https://t.co/kb7TVEel4m 6ヶ月前 replyretweetfavorite

cottonweed1023 ハンガーの写真にヤモリ写ってるの笑ったwww 6ヶ月前 replyretweetfavorite