超雑談力 

超雑談力】会話が途切れたときの対処法。時事ネタ、ニュースの話題はNG!

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。
だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話せる。信頼関係が築ける。超カンタンなコツをマスターして、一生モノの「雑談力」を身につけましょう。人気カウンセラー・五百田達成さんの『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』をcakesで特別連載!


話がぶっつりと途切れてしまったらどうするのが正解でしょうか?

「沈黙が怖いので、いろんな話題で盛り上げようとするけど、疲れる」

「上っ面の話ばかりが続くのが、気持ち悪い」

沈黙がイヤなのでいろいろな話題を持ち出すけれど、どれも空振りに終わってまたお互 いに黙ってしまう……。

雑談における大ピンチです。


◆ゆっくりとじっくりと雑談する

たしかに話が続くことは大事です。ですが、話が途切れたときに、慌てて他の話題を持ち出すのはよしましょう。

うわべだけの話題を次々に変えて、浅く沈黙を埋めていては、まったく気持ちをやり取
りできません。そういうときには、まず、会話のペースを落としましょう。多少の沈黙を恐れず、ゆっくりと、トーンも抑えて低い声で話すようにします。そうした上で、もう一度基本に立ち返るのです。基本とはつまり「自分の話をする。気持ちの話をする」ことです。

「オリンピック、近いですね」

「うまくいくんですかね……」

「消費税にも困ったもんですね」

「ほんとに……」

「……(会話が途切れた)」

「……(沈黙がつらい)」

「えーと、実は昨日、うちで飼ってる犬が、体調を崩しまして」

「あ、犬飼ってるんですか?」

「そうなんです、結構な老犬なんですけどね」

「いいな〜。うちもほんとは飼いたいんですよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超雑談力 

五百田達成

“雑談”は、普通の会話とは、まったく違います。 だから、盛り上がらない。気詰まり。疲れる。 でも、ちょっとしたコツで、雑談は飛躍的にうまくなります。初対面の人とも、2、3回目の人とも、上司とも、取引先とも、ラクに話...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sssa1759 なるほど😳これ心得ておくと、変な時間生まれないかも… 9ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 そもそも「沈黙が怖い」が 分からない。 黙ってればいいじゃん。 https://t.co/LCo4d9hb99 10ヶ月前 replyretweetfavorite