モラハラ彼氏が本性をあらわす時 ~まず罰から始まる~

執拗なモラハラによって、一人の女性の崩壊が始まる。

渋沢の家で、セツ子と渋沢の密会を目撃してしまった百鳥ユウカ。

こっそり隠れていた浴室の窓から、するりと抜け出して急いでセツ子宅に帰ってきた。

「セツ子と渋沢はどんな関係だったんだろうか?」

ユウカは、はぁはぁと息を切らしながら、彼らの会話を思い出していた。

どうやら、私が来る以前、二人には関係があったみたいだった。 そう言われてみれば、心当たりがなくもない。 でも、なんというか、セツ子さんも心の恋人はフランスにいるし、渋沢さんも仕事を優先しそうだし、なんだか割り切った関係ぽかった。

ユウカはセツ子宅に居候している身で、そんなに強くは主張できないけど、一応はセツ子に対して釘を刺しておく必要を感じた。

「渋沢さんは、もう私のモノなんだから、ちょっかいを出さないで、っていうくらいは言っとかないとな。渋沢さんはけっこう性欲が強いから、気の迷いとかもあるかもしれないし」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

34colorchoice79 ユウカさんいつ幸せになってくれるの。。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

6Zq6g35i1JkAZvs イケメンめちゃ神経質だったんだよなー 10ヶ月前 replyretweetfavorite