インタビュー】渋澤 健(コモンズ投信会長、渋沢栄一の玄孫)

サステイナビリティーに民間力 現代に通じる未来志向の言葉

 約500社の企業の設立に関与した渋沢栄一は、財閥をつくらなかったことで有名です。子孫の私も探しましたが、株は残っていなかった(笑)。代わりに残した財産は、言葉です。

 その言葉を読み解くと、栄一のライフワークは、日本の国力を高めることだったのだろうと感じます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年5/11号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-05-07

この連載について

初回を読む
令和」の顔 渋沢栄一解剖

週刊ダイヤモンド

「令和」という新時代の幕開けとともに、紙幣の刷新が発表された。新たな1万円札の“顔”となるのは、渋沢栄一である。「日本の資本主義の父」と称される男は何を成し遂げたのか、解剖する。 ダイヤモンド編集部・大矢博之、深澤 献  ※『週刊ダイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード