書けるひとになる! 魂の文章術

書くことはマクドナルドのハンバーガーではない

書くことで、あなたの人生はもっと楽しくなる! 全米100万部超え、14カ国語で翻訳された、ロングセラーの名著がついに復刊! 自己表現したい/書きたいのに書けない/もっとうまく書きたい… そんなあなたに贈る「書けるひとになる! 魂の文章術」は何度も読みたくなる 楽しい文章読本だ。ベストセラー作家にして40年にわたってライティングを教え続けている著者自身や生徒たちの実体験を踏まえ、<どうすれば書けるか><書き続けられるか>を伝授する。

私の生徒の中には、初めから上手に書ける人もときどきいる。いま私は、ある生徒のことを思い浮かべて言っている。彼が作品を朗読しはじめると、まわりの空気は電気を帯びたようになり、読んでいる本人が震えている場合もしばしばあった。書くというプロセスが彼の殻をぶち破り、生身の自分がさらけ出されたのだ。十四歳で精神病院に入れられたこと、LSDでトリップしながらミネソタの町をうろつきまわったこと、サンフランシスコで兄の死体のかたわらにすわり込んでいたことなどを彼は表現することができた。ものを書きたいと何年も思っていた、と彼は言った。作家になるべきだとまわりから言われたが、いざ机に向かうと、出来事や自分の気持ちを言葉に結びつけることがどうしてもできなかった。

彼が書けなかったのは、あらかじめ書くことを決めて紙に向かったからだ。もちろん、机に向かったときに自分がなにを言いたいかわかっていてもかまわない。ただしその場合は、その表現が自分の内部と紙の上に自然に生まれ出るようにしなければならない。書く内容を決めてかかってはいけない。表現をコントロールするのではなく、それが必然性に応じて出てくるようにするのだ。たしかにそうした経験、思い出、感情は私たちの中にある。とはいっても、やはりコックがピザをオーブンから取り出すように、それらを丸ごと紙の上に移すことは不可能だ。

書くときには一切の手綱をゆるめ、自分の中にあるものを、ごくシンプルな言葉で書きはじめるようにしよう。なめらかな走り出しは期待できない。ぶきっちょな自分を大目に見てやろう。あなたは裸になり、人生をさらけ出しているのだから。それはエゴがそう見せたがっているような自己像ではなく、人間としてあるがままの自分だ。だからこそ、書くことは宗教的なのだと私は思う。書くことは、あなたのエゴの殻を割り、あたりまえの世界に対する柔軟な心を培ってくれるのだ。

機嫌が悪かったり、惨めだったり、不満だったり、悲観的だったり、否定的になっていたり、くさっていたりするとき、私はそれをたんなる気分として認めるようにしている。いずれ気分が変わることはわかっている。またそれが、落ち着ける場所を探し、友達をほしがっているエネルギーだということもわかっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

書けるひとになる! 魂の文章術

N・ゴールドバーグ,小谷啓子
扶桑社
2019-11-02

この連載について

初回を読む
書けるひとになる! 魂の文章術

ナタリー・ゴールドバーグ

書くことで、あなたの人生はもっと楽しくなる! 全米100万部超え、14カ国語で翻訳された、ロングセラーの名著がついに復刊! 自己表現したい/書きたいのに書けない/もっとうまく書きたい… そんなあなたも、“書けるひと”になれる! 何度も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuho_kisaragi 「人は、自分が有意義なことをしている、目的地に向かっている、なにごとかを成… https://t.co/xJ0Cb9CN45 11ヶ月前 replyretweetfavorite

omuramf 『書くことは、あなたのエゴの殻を割り、あたりまえの世界に対する柔軟な心を培ってくれるのだ。』 11ヶ月前 replyretweetfavorite