これからの「お金」の数学的モデル

詩織と翔太の「お金」に関する話が、いよいよ佳境に入ってきました。
後半に出てくる「信用」というキーワードがお金とどう関係してくるのでしょうか……?

9

「なら聞くけど、仮にお金とは信用だと定義した時、〝これからの時代〟の数学的モデルってやつはどうなる? さっきはあくまで〝これまでの時代〟のやつだったよな」

「ええ。この定義に従えば、お金を使うこと(支出)は何かを信用するということです。一方、お金を得ること(収入)は何かから信用されるということです。つまり、一生においてその人が使うお金(支出)=Aへの信用+Bへの信用+……=世の中への信用、という考え方をします」

「ということは……一生においてその人が得るお金(収入)=Aからの信用+Bからの信用+……=世の中からの信用、ってことか」

「ええ。この2つがちょうど一致するような人生が理想。これが、〝これからの時代〟に生きていく私たちのためのお金の数学的モデルだと思います」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shigekey "これだけスピード感を持って変化していく世の中になってしまった以上、先のことを予測することは非常に難しい" 深沢真太郎 @shinchan0922 | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shinchan0922 お金を貯め込む人は信用されない。正しくどんどん使う人が信用を得る。 4ヶ月前 replyretweetfavorite